寺田逸郎

ランキング:2017-12-07 11:13(上位50件)
※ 取得タイミング検索結果です。 「寺田逸郎」を詳細検索

★2017.12/6放送 NHKニュース7 NHK受信契約訴訟 契約義務づけ規定は合憲 最高裁大法廷★
00:04:30

★2017.12/6放送 NHKニュース7 NHK受信契約訴訟 契約義務づけ規定は合憲 最高裁大法廷★ NHKの受信料制度が「契約の自由」を保障する憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、合憲と初判断した。テレビがあれば受信契約を結び、受信料を支払う法的義務があると指摘。テレビを設置した時点にさかのぼり負担する義務があるとした。NHKの収入の9割以上を占める受信料の徴収業務に影響を与えそうだ。  訴えられたのは2006年3月からテレビを持つ東京都の男性。11年9月に受信契約の締結を求める通知書を受け取ったが拒否し続け、NHKから受信料約20万円の支払いを求めて提訴された。

NHK受信料「合憲」 テレビ設置時から義務― 最高裁が初判断(裁判長・寺田逸郎長官)
00:04:59

NHKの受信料制度をめぐり、テレビを持つ人に契約締結を義務付ける放送法の規定が憲法に反するかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、「国民の知る権利を充足する」として、規定を合憲とする初判断を示した。 出典 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000089-jij-soci 画像引用 http://www.courts.go.jp/saikosai/ http://www.courts.go.jp/about/sosiki/saikosaibansyo/index.html おすすめ動画 スバル、無資格検査「30年以上前から」 社長が謝罪 https://youtu.be/-32q-PkrVws アルゼンチン海軍、潜水艦の連絡途絶える https://youtu.be/3rfx7lv72v4 氷漬けのホラアナライオン=完全体発 見、世界初。日露研究チーム https://youtu.be/aZuKSGrnrb8

NHK受信料は「合憲」 最高裁大法廷が初判断
00:02:08

NHKの受信料制度が「契約の自由」を保障する憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、合憲と初判断した。テレビがあれば受信契約を結び、受信料を支払う法的義務があると指摘。テレビを設置した時点にさかのぼり負担する義務があるとした。NHKの収入の9割以上を占める受信料の徴収業務に影響を与えそうだ。 記事詳細 https://www.47news.jp/news/833339.html

最高裁判所の判事 木澤克之が最高裁判事になれた本当の理由【ネット TV ニュース.報道】朝堂院大覚 最高裁判所 2017/08/18
00:06:05

・過去に放送した番組リスト http://jrptelevision.com/content/   JRP Televisionが日本 世界のために一押しする重要な動画のリスト https://www.youtube.com/playlist?list=PLGMVFUrW3GJbizlB56LVYxwQyElJEHry4 地上波、メディアが報道できない インターネットならではのニュースや政治番組、環境問題、日本のあらゆる社会問題、原発、エネルギー問題、芸能界の闇、海外の事件etcなどをスペシャルなゲストを招いて発信します。 http://jrptelevision.com/ 製作 JRPテレビジョン ネットテレビ報道協会 取材、お問い合わせはこちら http://jrptelevision.com/contact/ 大下英治(著) 最後の黒幕 朝堂院大覚 昭和、平成事件簿 http://amzn.asia/dLhDnK1 朝堂院大覚 (著) 怪物フィクサーに学ぶ「人を動かす」 松浦 大覚 (著) http://amzn.asia/4V5mjZC 朝堂院大覚 Wik

「外れ馬券は経費」確定へ 競馬脱税事件で最高裁
00:02:49

30億円近い競馬の外れ馬券代が経費と認められるかどうかが争点になった脱税事件の上告審判決で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は10日、外れ馬券を経費と認める初の判断を示した。事件では、2007~09年にインターネットで28億7千万円分の馬券を購入した大阪市の元会社員の男性(41)が、総額30億1千万円の払戻金を得たのに申告せず、5億7千万円を脱税したとして所得税法違反(単純無申告)の罪に問われた。 記事詳細 http://www.47news.jp/CN/201503/CN2015031001004953.html

水俣病、最高裁が初認定 司法が独自に判断
00:01:20

水俣病未認定患者の遺族が認定を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(寺田逸郎裁判長)は16日、感覚障害の症状しか診断されなかった熊本県水俣市の溝口チエさん(1977年に77歳で死亡)を水俣病と認め、県の上告を棄却する判決を言い渡した。最高裁が水俣病患者を認定するのは初めて。県の認定を義務付けた二審福岡高裁判決が...

夫婦別姓禁止「合憲」 女性の再婚制限は違憲
00:03:06

夫婦が同じ姓を名乗ると定めた民法の規定が憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は. 夫婦が同じ姓を名乗ると定めた民法の規定が憲法に違反するかどうかが争われた裁判で、最高裁は16日、「合憲」との初判断を示した。一方、. 夫婦別姓禁止は合憲 再婚禁止期間は違憲 最高裁が初判断 本裁判は棄却されましたので判決ではありません お詫びして訂正いたします.

<夫婦別姓>認めない規定は合憲 最高裁初判断
00:01:48

<夫婦別姓>認めない規定は合憲 最高裁初判断 夫婦別姓を認めない民法の規定が違憲かどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は16日、夫婦別姓を認めない規定は「合憲」とする初判断を示し、原告側の上告を棄却した。  訴訟を起こしたのは東京都内に住む事実婚の夫婦ら5人。「結婚に当たって多くの女性は改姓を強いられている」などと主張し、法改正を怠ったことを理由に計600万円の支払いを国に求めていた。1、2審で敗訴し、上告していた。【山本将克】 <その一方、再婚禁止期間は「違憲」国への賠償請求は退けた。>最高裁初判断 引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151216-00000054-mai-soci 画像http://www.courts.go.jp/saikosai/ チャンネル登録願います。

女性再婚制限は「違憲」、夫婦別姓禁止は「合憲」 最高裁初判断
00:01:47

夫婦が同じ姓を名乗ると定めた民法の規定が憲法に違反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は16日、「合憲」との初判断を示した。 女性にだけ6カ月の再婚禁止期間を定めた規定をめぐる別の訴訟では「禁止期間が100日を超える部分は違憲」と初判断した。 国会は再婚禁止期間の規定を判決に沿って改正する。 ※引用元 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2015/12/16/kiji/K20151216011696260.html ツイッターはこちら https://twitter.com/PICKUPCHANNEL1

【驚愕】NHK受信料をめぐる裁判 最高裁がまさかの判決
00:02:06

納得ができない人はGoodボタン 正当な判断だと思う人はBadボタンを NHKの受信料制度が憲法が保障する「契約の自由」に反するかどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、制度を「合憲」とする初判断を示した。国民が公平に財源を負担してNHKを支える制度の合理性を司法が認めた形となる。今後の公共放送のあり方を巡る議論や、約900万世帯に上る未契約者からの受信料徴収にも影響を与えそうだ。  今回の裁判は2006年にテレビを設置した後、「偏った放送内容に不満がある」と受信契約を拒んでいた東京都内の60代男性を相手取り、NHKが契約締結や未払い分の支払いを求めて11年に提訴。NHKはこれまで未契約者に対する同種訴訟を約300件起こしているが、最高裁が判決を出すのは今回が初めて。  放送法64条は、テレビなどの放送受信設備を設置した世帯や事業所は「NHKと受信契約をしなければいけない」と規定する。この規定を巡り、男性側は「罰則はなく、努力義務に過ぎない。契約を強制する規定だとすれば憲法に違反する」と主張。NHK側は「放送法が定める『豊かで良い

<NHK受信料>制度は「合憲」 最高裁が初判断
00:02:31

<NHK受信料>制度は「合憲」 最高裁が初判断 NHK受信料をめぐり、テレビを持つ人に契約締結を義務付けた放送法の規定が憲法に反するかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は6日、規定を合憲とする初判断を示した。

参院選格差訴訟が結審 年内にも統一判断へ
00:01:44

「1票の格差」が最大3・08倍だった昨年7月の参院選は違憲だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた訴訟の上告審弁論は、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)で19日午後も続き、升永英俊弁護士のグループが「違憲・無効」の判決を求め、結審した。最高裁は年内にも判決を言い渡し、統一判断を示す。 記事詳細 http://www.47news.jp/news/2017/07/post_20170719113008.html

法の日フェスタ in 最高裁判所大法廷1 2011.10.01
00:02:25

大法廷入口から傍聴席、廷吏席、裁判官席、裁判所書記官席からの視界を撮影してみました。法服を着て裁判官席に座ってみましたが眺めはいいですね。中央の扉の開閉を廷吏が操作していたんですね(笑)初めて知りました。 ちなみに、大谷剛彦判事の実兄はジャーナリストの大谷昭宏氏です。テレ朝の番組によく出ていますね。寺田逸郎判事は父親が最高裁長官を務めた寺田治郎氏の息子で、親子二代で最高裁判事は珍しいと思います。当方が小学生の頃、初めて最高裁の見学をした際に、大法廷入口に寺田とネームプレートが入っていたのを覚えています。 社会見学する際の予習としてもお使い戴けるでしょう(笑)

患者の裁判 最高裁長官が謝罪 2016年05月02日
00:01:37

患者の裁判 最高裁長官が謝罪 2016年05月02日 19時19分 かつて裁判所がハンセン病の患者の裁判を隔離された療養所などで開いていた問題について、最高裁判所の寺田逸郎長官は「裁判所による違法な扱いに反省の思いを表すとともに、 心からおわび申し上げます」と述べ、謝罪しました。 昭和20年代から40年代にかけて、裁判所は、ハンセン病の患者の裁判のうち95件を隔離された療養所などの「特別法廷」で開いていて、最高裁判所は、先月25日「差別的に扱った疑いが強く、 患者の人権と尊厳を傷つけた」とする検証結果を発表し、今崎幸彦事務総長などが謝罪しました。 最高裁判所の寺田逸郎長官は、憲法記念日を前に開いた会見でこの問題に触れ「裁判所による違法な扱いに反省の思いを表すとともに、患者や元患者の方々などにここに至るまでの時間の長さを 含め心からおわび申し上げます」と述べ、謝罪しました。 この問題で最高裁の長官としての謝罪は初めてです。 一方、今回の検証では、平等の原則を定めた憲法に違反していたという指摘を認めず、元患者からは疑問の声が上がっています。 これについて、寺田長官は「当時の対応が違法だ

厚木騒音訴訟 最高裁で自衛隊飛行差し止め認めず(16/12/09)
00:01:05

神奈川県・厚木基地の周辺住民が騒音被害を訴えた裁判で、最高裁は1審、2審が認めた自衛隊機の飛行差し止めを退ける判決を言い渡しました。 ・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから! [テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

ビギナー 第09話 「検察官はつらいよ」
00:46:03

憲法改正「国民的議論にゆだねるべき問題」 | NEWS24日本
00:01:24

► 【全文】 : 憲法改正「国民的議論にゆだねるべき問題」。  憲法は3日で施行から70年を迎える。最高裁判所の寺田逸郎長官は、憲法記念日を前に会見を開き、憲法改正について「国民的議論にゆだねるべき問題」などと語った。  寺田逸郎長官「最高法規である憲法をどのようにするかについては、まさに国民的な議論にゆだねるべき問題であろうかと」  寺田長官は憲法改正についてこのように述べ、「国民的な議論を十分に注視している」と語った。また、裁判員制度で、裁判員を選ぶ手続きへの出席率が下がってきていることに触れ、「この傾向が続くと裁判員制度の運用そのものに支障が生じる恐れが出る」と懸念を示した。  その上で、寺田長官は「原因を分析し対策をとっていかなければならない」と話した。 ◄►♥◄►♥◄► ►Welcome to NEWS24 日本。 ►NEWS24日本は最新のニュースを24時間お伝えする日本テレビのニュース専門チャンネルです。 ►最新のニュースの通知を受け取るために→登録/ SUBCRIBE 【My Channel】→ https://goo.gl/7N5Pek ありがとう

【夫婦別姓訴訟】岡部喜代子裁判官の見解「婚姻の自由を侵害する」
00:01:38

【夫婦別姓訴訟】岡部喜代子裁判官の見解「婚姻の自由を侵害する」 岡部喜代子裁判官は、 女性の社会進出の推進や、 仕事と家庭の両立策などによって 「婚姻前から継続する社会生活」 を送る女性が増加したのにともなって、 「婚姻前の姓」を使用する 合理性と必要性が増していると指摘。 夫婦別姓という例外を認めないことは、 多くの場合、妻となった者のみが、 個人の尊厳の基礎である 「個人識別機能」を損ねられ、「自己喪失感」と いった負担を負うことになるとして、 「個人の尊厳と両性の本質的平等に 立脚した制度とはいえない」とした。 そのうえで、個人識別機能への支障や 自己喪失感などの負担から、 「現在では、夫婦となろうとする者のいずれかが これらの不利益を受けることを避けるために あえて法律上の婚姻をしない という選択をする者を生んでいる」として、 「夫婦が称する氏を選択しなければならないこと は、婚姻成立に不合理な要件を課したもの として婚姻の自由を制約するものである」と記し、 民法750条が「婚姻の自由」を定めた 憲法24条に違反するとした。 最高裁の多数意見は、 合憲

ハンセン病“特別法廷”問題 最高裁長官が謝罪(16/05/03)
00:00:47

ハンセン病患者の裁判が隔離された療養所などに設置された「特別法廷」で開かれていた問題について、最高裁の寺田逸郎長官が謝罪しました。 ハンセン病の特別法廷問題では先月、最高裁が「差別の助長につながり、患者の人格と尊厳を傷付けた」などとする調査結果を公表しました。 ・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから! [テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

天皇陛下のお言葉、安倍総理の式辞、大島衆院議長・伊達参院議長・寺田最高裁長官の追悼の辞|第七十一回 全国戦没者追悼式
00:06:22

§ 平成二十八年八月十五日に東京都千代田区にて政府は『第七十一回 全国戦没者追悼式』を開催し、天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ軍人軍人属の二百三十万人と一般邦人の八十万人を合わせた合計三百十万人を慰霊した。本式典には全国の遺族代表と国会議員等の六千人が参列。国歌斉唱の後に安倍晋三 内閣総理大臣が式辞を行い、正午に一分間の黙祷を捧げ、天皇陛下が標柱の間に御立ちになり御言葉を述べられた。 また同じく三権の長である大島理森 衆議院議長と伊達忠一 参議院議長、寺田逸郎 最高裁判所長官、そして小西照枝 遺族代表が追悼の辞を述べた。両陛下の御退席の後に、総理をはじめとする三権の長や遺族代表、各国務大臣、各政党代表が献花した。 遺族の最年長者は大正四年生まれの百一歳、最年少者は平成二十三年生まれの五歳。戦没者の妻は最も少ない七名。十八歳未満は百二十四名となった。更に、今年より新たに献花の際に、十八歳未満の遺族が献花者へ花を渡す献花補助者を十三名が務めた。 記者:政経部 金剛正臣 © 報道府

適正 迅速な解決に努める 寺田新最高裁長官が就任
00:01:24

第18代最高裁長官に1日、就任した寺田逸郎氏(66)が記者会見し「社会状況の変化を反映し利害対立が複雑化する中、一層の公正さが求められている。これまでにも増し、適正で迅速な事件の解決に努める」などと抱負を語った。寺田氏の父治郎氏(故人)も第10代長官を務めており、親子2代での就任は初めて。

山浦 善樹最高裁判所判事が就任のご挨拶
00:04:54

詳細は衛藤征士郎BLOGにて http://www.seishiro.jp/archives/2927.html

寺田逸郎新長官「国民にとって信頼できる機関に」(14/04/02)
00:00:54

最高裁判所の新長官に寺田逸郎氏(66)が就任し、「国民にとって信頼できる機関でありたい」と抱負を語りました。 ・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから! [テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/