北村和夫

ランキング:2019-09-11 21:40(上位50件)
※ 取得タイミング検索結果です。 「北村和夫」を詳細検索

映画「 日本昆虫記」(後半) 主演 左幸子 キネ旬第一位
01:04:17

1963年日活映画  監督 今村昌平 共演 北村和夫 吉村実子

葵 徳川三代 前田利家公 石田三成に説教をする (北村和夫さん)
00:04:06

映画 日本昆虫記(前半) 主演 左幸子 キネマ旬報第一位
00:59:04

1963年日活映画  監督 今村昌平 共演 北村和夫 吉村実子

怪談牡丹燈籠
01:37:33

怪談牡丹燈籠 (昭和62年8月放送)杉村春子没後20年・北村和夫没後10年の特集でアンコール放送。

大河ドラマ『翔ぶが如く』総集編OP
00:02:38

この作品のクレジットは個人的には大河の模範的クレジットだと思っています。 司馬遼太郎の同名の小説が原作ですが、 このドラマの第一部にあたる幕末編は脚本・小山内美江子のオリジナルです。 よって第一部は小山内の名前が司馬を抑えてトップにクレジットされ、 司馬の原作が使用される第二部では入れ替わって司馬がトップにクレジットされています。 ピンのグループが4個あるのがいいですね。 先頭グループ、第1中グループ、第2中グループ、トメグループと。 第2中グループが準トメグループという感じで、トメグループ要員が 少ない時はここから田中健や野村万之丞などを移動させて補填しています。 あとは中グループの固定も上手く活用していますね。 緒形直人(西郷従道)と佐藤浩市(坂本竜馬)はそれぞれ第1中グループと第2中グループのトップ固定で 必ずしもトメグループ入りすることだけが厚遇ではないという配慮が見えて素晴らしいですね。 三田村邦彦(徳川慶喜)もトメグループ入りは一度もなく、第1中グループと第2中グループを 行き来していますが、必ずグループのトップかトメに配置されるという配慮がなされています。 樹木希林(

葵 徳川三代 前田利家公 家康公に屈服する(北村和夫さん)
00:03:00

おしん 田倉大五郎 上京する (北村和夫さん)
00:05:59

石原真理子の暴露本
00:38:01

MBSヤングタウン土曜日 (PM10:00-11:30) February 28, 2009 (1/5) 暴露本差し止め料『5000万円』 1987.04.01 水曜ドラマスペシャル 明石家さんま 石原真理子 三田寛子 小野みゆき 沢口靖子 加賀まりこ 北村和夫 宮川大助 木内みどり 長塚京三. 動画内容: なんとざっくりメンバー4人全員が厄にまみれていることが判明!!というワケで歴史ある神社へ. 動画内容:【中山】10RサンシャインS、11R.

ドン・ガバチョのシンデレラ&正直ガバチョの少年時代~ひょっこりひょうたん島~
00:07:05

私の義理のお母さま ドン・ガバチョ(名古屋章) トラヒゲ(熊倉一雄) アル・カジル王(北村和夫)

2019/8/2新装DVD(HDリマスター)発売 今村昌平×野坂昭如×小沢昭一による大傑作『「エロ事師たち」より 人類学入門』
00:01:57

日本人で唯一、カンヌ映画祭最高賞「パルム・ドール」を2度受賞した世界的映画監督 今村昌平(1926年- 2006年)。セルDVDは廃盤&高額プレミア化、レンタルDVDは流通しておらず視聴困難な状況にあった初期傑作群を新装DVDリリース&レンタル開始するシリーズ。そのクライマックスは、今村昌平×小沢昭一コンビの頂点であり、小沢昭一の代表作ともなった大傑作『「エロ事師たち」より人類学入門』! ※HDリマスター ■エロとは人生の一部です。“色即是空 空即是色”巨匠・今村昌平がエロ事師の世界を余すことなく描く異色喜劇話題作!! ■エロ事師たちの目を通して浮かび上がる日本社会の底の底でうごめく性と生!野坂昭如〔原作〕×今村昌平〔監督〕が作り上げた異色社会喜劇。 ■記念すべき今村プロダクション製作第1作。姫田真佐久による斬新な撮影、黛敏郎によるシニカルな音楽、イマヘイ組常連俳優たちによる大満足な演技...本作をベストイマヘイ映画に挙げる人が多い人気作。 ■本作がデビュー作である初々しくエネルギッシュな近藤正臣の姿が印象的。 ◆「一心敬礼 わきのした 十方法界 ぼんのくぼ 南無や 天に昇りま

お庭番 元禄十五年 第二話
00:46:50

貝塚慎吾:石坂浩二 伊谷源八:緒形拳 柳沢出羽守:岡田英二 色部又四郎:北村和夫  堀部安兵衛:大山克巳 原惚右衛門:志村喬 清水一学:小林昭二 吉良上野介:坂東三津五郎 大石内蔵助:島田正吾 荒木十左衛門:辰巳柳太郎 語り:小沢栄太郎 監督:工藤栄一

お庭番 元禄十五年 第一話
00:47:20

貝塚慎吾:石坂浩二 伊谷源八:緒形拳 柳沢出羽守:岡田英二 色部又四郎:北村和夫  堀部安兵衛:大山克巳 原惚右衛門:志村喬 りく:香川佳子 かる:北林早苗 大石内蔵助:島田正吾 荒木十左衛門:辰巳柳太郎 語り:小沢栄太郎 監督:工藤栄一

『赤い殺意』今村昌平“重喜劇”史に燦然と輝く傑作!2019年7月2日新装DVD発売&レンタル開始
00:01:47

日本人で唯一、カンヌ映画祭最高賞「パルム・ドール」を2度受賞した世界的映画監督 今村昌平[1926年- 2006年]。過去にDVDとして発売されるも廃盤&高額プレミア化、レンタルDVDは流通しておらず視聴困難な状況にあった初期傑作群を新装DVDリリース&レンタル開始! その第3弾は『赤い殺意』! 人間の欲望、性、生命力に肉迫する今村昌平独自の世界観 「重喜劇」。今村“重喜劇”史に燦然と輝く傑作であり怪作。 2019年7月2日発売&レンタル開始 監督:今村昌平/原作:藤原審爾/脚本:長谷部慶治・今村昌平/撮影:姫田真佐久/音楽:黛敏郎 出演:春川ますみ、西村晃、露口茂、楠侑子、赤木蘭子、北林谷栄、北村和夫、小沢昭一、宮口精二、加藤嘉、殿山泰司 公開年:1964年 ◎げにたくましきは女。強盗に犯された人妻...憎い!殺したいほど憎い!しかし、体の内々から本能とセックスが沸騰しはじめる。 ◎夫の知らない妻のセックス...妻の知らない夫のセックス...巨匠 今村昌平が“性”と対決し、“人間”“社会”をえぐりだした巨編!! ◎犯されて火がついた憎悪と官能!憎しみに震えながら燃え続ける欲情

ザ・ガードマン #117  中原早苗、北村和夫、吉野由志子
00:48:27

第117話「おしゃべりは死を招く」 1967.06.30 宇津井健、神山繁、藤巻潤、川津祐介、稲葉義男、中条静夫、倉石功 ゲスト - 中原早苗、北村和夫、吉野佳子(由志子)、川辺久造 他 監督 - 宮下泰彦  脚本 - 増村保造 音楽 - 山内正

国平弁護士の許し難い証人買収工作~白い巨塔・田宮二郎版~
00:07:30

今村昌平&小沢昭一が放つ艶笑喜劇『経営学入門 ネオン太平記』2019年3月2日初ソフト化!!
00:01:47

2019.3.2 初パッケージソフト(DVD)化 IMA IMA HEY! 巨匠、今村昌平が愛弟子.磯見忠彦の監督第一回作品のために脚本を執筆。傑作『エロ事師たち」より 人類学入門』(1966年/今村昌平監督)の姉妹編にあたる本作、昭和20年代に大流行した「アルサロ」(アルバイトホステスを揃えたキャバレー)を舞台に、アルサロに生きる女と男の生き様、根性、エロ、バイタリティ、笑いとペーソスをたっぷり詰めた人間喜劇の傑作。 小沢昭一、西村晃、渥美清、三國連太郎、北村和夫、加藤武、春川ますみ、桂米朝、小松左京、野坂昭如、かしまし娘(正司歌江・正司照江・正司花江)-豪華キャストが送る笑いとエロとバイタリティ! ■「経験不問高給保証」のアルサロ千夜一夜!女権利バッコに一矢を報いる痛快人間喜劇!! ■社長も部長も女房もいない 男性の天国-アルサロ!家出のすすめを叫んで 女権利バッコに一矢を報いる痛快人間喜劇!! ■鼻下長はオトコの本領や!エロ事師・小沢昭一が「マイ・ホーム主義」を痛罵する喜劇大作!! ■オモロイでえ、安いでえ!マイ・ホーム主義に反発して儲けまくるアルサロ・マネージャーの艶笑喜劇!!

さんまの花ムコ見習試験
02:53:54

1987.04.01 水曜ドラマスペシャル 明石家さんま 石原真理子 三田寛子 小野みゆき 沢口靖子 加賀まりこ 北村和夫 宮川大助 木内みどり 長塚京三. 1987.04.01 水曜ドラマスペシャル 明石家さんま 石原真理子 三田寛子 小野みゆき 沢口靖子 加賀まりこ 北村和夫 宮川大助 木内みどり 長塚京三.. KDC. 1987.04.01 水曜ドラマスペシャル 明石家さんま 石原真理子 三田寛子 小野みゆき 沢口靖子 加賀まりこ 北村和夫 宮川大助 木内みどり 長塚京三.

「Green Requiem」Sound Track
00:22:32

映画『グリーン・レクイエム』(1985年製作/1988年公開) 監督:今関あきよし 原作:新井素子 脚本:小林弘利 出演 三沢明日香……鳥居かほり 嶋村信彦……坂上忍 三沢夢子……蜷川有紀 三沢拓……塩野谷正幸 井上和子……小林聡美 岡田善一朗……岡田英次 松崎教授……佐藤慶 三沢良介……北村和夫 根津……深水三章 町田老人……天本英世 【 特別出演 】 南條豊 神保美喜 新井素子(原作者) Opening 「ジェラシー・エフェクト」(作詞:松井五郎 作・編曲:久石譲 唄:忍足敦子)(01:00 - ) 「本当は帰りたい」(作詞: 作・編曲:久石譲 唄:) ( 04:18 - ) 「戸惑いの扉」(作詞:園部和範 作・編曲:久石譲 唄: ) ( 08:25 - ) 「どこかで見た風景」(作詞:園部和範 作・編曲:久石譲 唄: ) ( 11:08 - ) 「グリーン・レクイエム」(作詞:松井五郎 作・編曲:久石譲 唄:忍足敦子) ( 14:41 - ) Ending

【歯科】北村 和夫 先生の根管治療は感染との戦い!/東京
00:05:03

詳しくはコチラ ≫http://www.mlritz.com/link/141/2/8/123/

【歯科】北村 和夫 先生の根管治療は感染との戦い!/東京
00:04:59

【歯科】北村 和夫 先生の根管治療は感染との戦い!/東京
00:04:59

北村和夫 - 来歴・人物
00:01:55

Credits:Text from Wikipedia,video auto-generated by ai.pictures.

大河ドラマ『徳川家康』OP アバンタイトル付き
00:04:50

第一回「竹千代誕生」 近年ではアバンタイトルがある方が主流になってきましたが、昭和の終わり頃まではアバンタイトルは初回や特別な回など一部の回にしかありませんでした。 ちなみに、平成以降の大河に多く見受けられる、解説や豆知識で工夫を凝らしたアバンタイトルは『独眼竜政宗』(1987年)がはしりだそうです。 この『徳川家康』のアバンタイトルでは三方ヶ原の戦いのワンシーンを背景に、徳川家康という人物の概説ナレーションが入ります。 本編では第七回から登場する徳川家康役本役の滝田栄が一足先にお目見えです。 一般的な家康のイメージ像と言えばデップリ太った陰湿な狸親爺。それを長身で面長の精悍な二枚目の滝田栄という全く正反対の人物が演じるというかなり冒険的な配役です。 視聴者の従来の家康像を打ち壊し、さわやかな青年武将という新しい家康像をいち早く与える意味合いもあったのかもしれませんね。 あと、メロディーが「大河ドラマ主題曲集」等のCDと微妙に違うと思います。 下の動画のものがCDのものと概ね同じかと思います。 よろしかったら聴き比べしてみてください。 大河ドラマ『徳川家康』OP 【武田鉄矢トメ】

翔んだカップル #12-2/3
00:09:03

1980年12月19日(金) 7:00pm-7:30pm フジテレビ 桂木文、芦川誠、宮脇康之、轟二郎、深見博、水島びん、秋山武史、中帆登美、柳沢慎吾、蔦木恵美子、佐藤B作、北村和夫