台風情報

ランキング:2019-08-14 09:00(上位50件)
※ 取得タイミング検索結果です。 「台風情報」を詳細検索

台風10号あす上陸へ 西日本は記録的な大雨の恐れ(19/08/14)
00:01:09

大型の台風10号は15日にも西日本に上陸する見込みです。 大型の台風10号は種子島の南東の海上を北上中で、現在、四国から九州の広い範囲が風速15メートル以上の強風域に入っています。台風は今後、強い勢力に発達する予想で、15日には西日本に上陸、縦断する恐れがあります。動きが遅いため影響が長引き、西日本では記録的な大雨となる恐れがあります。東海から九州の太平洋側では昼ごろから雨や風が強まるでしょう。15日朝までに予想される雨量は、東海、四国、九州南部で500ミリ、近畿や九州北部で400ミリとなっていて、その後さらに増える見込みです。西日本の大荒れのピークは15日で、交通機関にも大きく影響が出そうです。最新の台風情報と交通情報に注意が必要です。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

超大型の台風10号 今後再び勢力を強め15日頃に上陸のおそれ
00:02:22

台風10号(クローサ)は、2017年の21号以来の超大型の台風として、北上を続けています。 今後は再発達して西日本に接近し、15日(木)頃に「強い」勢力で上陸する可能性が高まっています。お盆のUターンラッシュに大きな影響が出る可能性があるため、随時最新の情報を確認してください。

超大型のまま台風10号上陸へ 気象庁が警戒呼びかけ(19/08/13)
00:03:28

超大型の台風10号がお盆の時期に列島を直撃する見通しだ。気象庁が13日に緊急会見を行い、西日本では1000ミリを超える大雨の恐れがあるなどと警戒を呼び掛けた。 すでに太平洋側では台風10号からのうねりや高波が押し寄せ、各地で波浪警報が出ている。 気象庁・黒良龍太主任予報官:「超大型の台風10号は強い勢力となって14日から15日にかけて暴風域を伴い、九州や四国に接近・上陸し、西日本を縦断する見込みです。台風の接近前から四国の太平洋側は南東の斜面を中心に激しい雨が降り、降り始めてからの降水量が多い所で1000ミリを超える大雨となる恐れがあります。また15日を中心に大潮となります」 現在、台風10号は紀伊半島の南の海上にあり、時速15キロと自転車並みの速度で北西に進んでいる。強風域が広い超大型であるため、すでに西日本の一部が強風域に入り始めた。台風10号は14日夜から15日にかけて上陸する見通しだという。超大型のまま上陸となれば、統計開始以来2度目となる。お盆の帰省にも影響が出ていた。 香川県から帰省した人:「15日に本当は戻るはずだったけど、台風が直撃するので2日早めてきょうになった」「や

台風10号今後の進路は?
00:00:00

超大型の台風10号の今後の進路について気象庁が会見します。台風はいつ上陸するのか、各地の天気はどうか?気になる情報をライブ配信します。 #台風10号#今後の進路#大雨#天気#お盆休み#交通機関#高波

台風10号 気になるお盆の天気は?
00:01:45

現在台風10号は西日本太平洋上を発達しながら北上しています。 ①今後の進路・発達予想 ②暴風・強風域の予想 ③台風に伴う高潮 ④雨風のピーク表 ⑤予想総雨量 について詳しく解説します。

【台風10号】お盆後半に西日本に上陸のおそれ(9時更新)
00:02:02

11日(日)9時現在、大型で強い勢力の台風10号(クローサ)は、小笠原近海でほとんど停滞しています。 台風10号は北西に進んで、やや発達しながら西日本に接近し、15日(木)頃に強い勢力で上陸する可能性が高まっています。お盆のUターンラッシュに大きな影響が出る可能性があるため、随時最新の情報を確認してください。 ▼台風10号 8月11日(日) 9時  存在地域   父島の南南西約480km  大きさ階級  大型  強さ階級   強い  移動     ほとんど停滞  中心気圧   965 hPa  最大風速   35 m/s (中心付近)  最大瞬間風速 50 m/s 東日本や西日本の太平洋では、既にうねりを伴って波が高くなっています。 お盆で海に出かける方も多いかと思いますが、海上で普段より波が高くなるだけでなく、数十分に一度程度の頻度で非常に大きな波が押し寄せて、砂浜や岩場などにいても波にさらわれるおそれがあります。海水浴や磯釣りなど海のレジャーには十分注意が必要です。 小笠原諸島では台風10号の影響で大しけとなっています。大変危険ですので、海には決して近づかないでください。

大型の台風10号 15日ごろに西日本に上陸か(19/08/12)
00:01:05

大型の台風10号は小笠原・父島の南西にあって西北西に進んでいます。15日ごろに西日本に接近し、上陸する恐れがあります。 気象庁の観測によりますと、大型の台風10号は12日午前3時には父島の南西約490キロにあって、時速15キロで西北西へ進んでいます。台風の影響で小笠原諸島では非常に強い風が吹き、海はうねりを伴った猛烈なしけとなっています。台風10号は13日にかけて日本の南を北西へ進み、その後は進路を北寄りに変えながら15日ごろには西日本に接近し、上陸する恐れがあります。東日本と西日本の太平洋側では12日午後から台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、台風が接近する前から一部で大雨となる恐れがあります。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

【LIVE】 最新地震・気象情報 ウェザーニュースLiVE 2019年8月12日(月)
00:00:00

【最新の天気に関する情報】 お天気アプリ「ウェザーニュース」からも随時最新情報をお伝えしています https://weathernews.jp/s/download/weathernewstouch.html?fm=youtube ======================== ★ウェザーニュースのインターネットサイトからも天気を確認できます http://weathernews.jp/s/?fm=youtube ▼地震津波の会 http://qt.weathernews.jp/?fm=youtube ▼アンケート機能「ソラボタン」へのご参加はこちら http://wni.my/?sorabtn 〜タイムスケジュール〜 5:00〜 8:00 ウェザーニュースLiVE モーニング 8:00〜 11:00 ウェザーニュースLiVE サンシャイン 11:00〜14:00 ウェザーニュースLiVE コーヒータイム 14:00〜17:00 ウェザーニュースLiVE アフタヌーン 17:00〜20:00 ウェザーニュースLiVE イブニング 20:00〜23:00 ウェザーニュースLiV

ダブル台風 沿岸部では高波・うねりに警戒
00:01:46

台風9,10号の影響で西・東日本では風が直接的に強くなくても高波・うねりに今後警戒が必要です。

【台風10号】お盆後半に西日本に上陸のおそれ
00:02:51

大型で強い台風10号(クローサ)は、小笠原近海をゆっくり西に進んでいます。今後は西寄りに進んだ後に段々と北寄りに向きを変え、お盆休み中の14日(水)頃から西日本に接近、15日(木)頃に上陸する可能性があります。飛行機や高速道路、新幹線などへの影響も懸念されます。進行速度が遅く、大型であることから影響が長引く恐れも。 予報円が大きいことからも分かるとおり、進路がまだ明確に定まってはいません。進路次第で影響の出る地域や期間が変わるため、今後の情報に注意するようにしてください。

台風10号の影響は? 千種ゆり子の関東天気のタネ(19/08/10)
00:01:46

台風10号はゆっくりと北上しています。この台風、今までよりもむしろ日本に近付くにつれて発達して、940ヘクトパスカルと危険なレベルで西日本に接近・上陸する恐れがあります。西日本では、交通機関にも大きな影響が出そうです。 今2つのシナリオがあって関東への影響は2つに分かれそうです。まずは、予報円の西側と負った場合。西にいけばいくほど関東は雨や風の影響は少ないです。ただ、関東では猛暑が続きます。一方、より東側、関東に近い所を通るほど関東には雨の影響がありそうです。台風の外側の雨雲が関東に掛かって積乱雲が発達します。竜巻など発生する恐れもあります。 それがいつなのか、お盆休みの予報を見ますと、東京は15日から16日に雨マーク、これが台風の影響です。まず、降るのは短い時間で局地的に強まるタイプの雨ゲリラ雷雨のような降り方になる恐れがあります。 では、その他の全国各地のお盆休みの天気をお伝えします。台風の影響は、九州や近畿では14日から出てきます。今の所、14日の夜から15日にかけて大荒れの天気に警戒が必要です。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

台風10号がお盆直撃の恐れ 暑さも各地で“災害級”(19/08/09)
00:01:01

お盆休みには大型の台風10号が列島直撃の恐れもあります。 大型で非常に強い台風10号は中心付近の目がはっきりとしていて、小笠原近海にほとんど停滞しています。今後も暴風域を伴ったままゆっくりと北上し、来週後半に西日本や東日本を直撃する恐れがあります。お盆休みは最新の台風情報と交通情報に注意が必要です。また、2つの台風の影響で本州付近の高気圧が強まっているため、列島は猛暑が続いています。東京都心では9日午前11時半に35.6度になり、今年一番の暑さになりました。前橋や鳥取などでも午前中から35度を超えて、災害級の猛暑が続きます。屋外はもちろん、室内でも命を守るため、最大限の熱中症対策が必要です。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

台風10号が北上開始 千種ゆり子の全国天気のタネ(19/08/10)
00:02:26

最大9連休、お盆休みの天気で心配なのが台風です。台風10号は2日ほど南の海上で動きが止まっていたんですが、10日に北に向かってゆっくり動き出しました。 この台風に関するポイントが3つあります。まず、台風の影響が出るのは、14日水曜日以降になります。2つ目、台風は今後、さらに発達します。3つ目、大雨が長時間続く恐れがあります。 進路を詳しく見ていきますと、台風はゆっくりと北上して14日水曜日に中心気圧940ヘクトパスカルまで発達します。今よりもむしろ日本に近い所で発達のピークとなるので、西日本では暴風に厳重な警戒が必要です。さらに、台風の速度にも注目です。14日から15日、時速10キロから15キロと速度が上がりません。雨雲が停滞して丸1日、丸2日、西日本を中心に大雨が続く恐れがあります。 では、お盆休みのいつに影響が出そうか見ていきますと、雨マークは15日から16日です。例えば九州に台風が上陸した場合でも広島から名古屋で激しい雨になる恐れがあります。交通機関に影響にも注意が必要です。東京でも15日、16日に雨マークが付いています。台風の外側の雨雲が掛かって、関東でも雨が強まる恐れがありま

【LIVE】 最新地震・気象情報 ウェザーニュースLiVE 2019年8月10日(土)
00:00:00

【最新の天気に関する情報】 お天気アプリ「ウェザーニュース」からも随時最新情報をお伝えしています https://weathernews.jp/s/download/weathernewstouch.html?fm=youtube ======================== ★ウェザーニュースのインターネットサイトからも天気を確認できます http://weathernews.jp/s/?fm=youtube ▼地震津波の会 http://qt.weathernews.jp/?fm=youtube ▼アンケート機能「ソラボタン」へのご参加はこちら http://wni.my/?sorabtn 〜タイムスケジュール〜 5:00〜 8:00 ウェザーニュースLiVE モーニング 8:00〜 11:00 ウェザーニュースLiVE サンシャイン 11:00〜14:00 ウェザーニュースLiVE コーヒータイム 14:00〜17:00 ウェザーニュースLiVE アフタヌーン 17:00〜20:00 ウェザーニュースLiVE イブニング 20:00〜23:00 ウェザーニュースLiV

次に控えし台風10号いつ来る、進路は・・・詳しく解説(19/08/09)
00:03:30

台風10号はお盆休み後半にかけて日本列島に大きな影響を与える可能性が高くなってきました。気象予報士・今村涼子さんの解説です。 台風10号はお盆期間中に影響が大きくなる恐れが高まってきました。台風10号の姿は雲が丸く、割と整っていて、はっきり目も見えている状態です。今、大型で強い勢力になっています。 今後の方向性がだいぶ定まってきました。また、コースが西寄りに振れてきたました。そうなってきたのとともに接近するタイミングも遅れ、14日に西日本の南海上に進むという予想になってきました。しばらく北西方向に進む理由としては今、太平洋高気圧が東から強く張り出しているためです。このために、この縁を回るように台風は進んでいくわけです。それがこの後、お盆の15日ごろになると太平洋高気圧は弱まります。そうすると、台風にとってはもう進む道ができたということになり、北に進みやすくなってきます。そのため来週の後半は西日本に上陸ということも十分に考えられる状況になってきました。 近畿辺りにくると大型なので、東日本にも影響が出るということになってきそうです。これに伴い、今後の天気マークにも変化が出てきました。傘マー

最新台風情報 台風9号は「猛烈」な強さに(2019.8.8 22時更新)
00:01:59

大型で猛烈な台風9号(レキマー)は、今夜から明朝にかけて沖縄・先島諸島に最接近します。先島諸島を中心に、猛烈な雨や暴風、高波に警戒。大型で速度が遅いため、外出危険な荒天が長引くことが考えられます。こまめに最新見解や自治体情報を確認し、安全を第一に行動するようにしてください。 https://weathernews.jp/s/typhoon/?fm=sw

台風10号 お盆後半に直撃
00:02:10

大型で非常に強い台風10号(クローサ)は、9日(金)9時現在、小笠原諸島の近海でほとんど停滞しています。 今後もゆっくりと北上し、お盆休み後半に日本列島を直撃するおそれが出てきました。飛行機や高速道路、新幹線などへの影響も懸念されます。

最新台風9号10号(2019.8.8 20:00)
00:01:58

大型で非常に強い勢力の台風9号(レキマー)は、今夜から明朝にかけて沖縄・先島諸島に最接近します。先島諸島を中心に、猛烈な雨や暴風、高波に警戒。大型で速度が遅いため、外出危険な荒天が長引くことが考えられます。こまめに最新見解や自治体情報を確認し、安全を第一に行動するようにしてください。 台風情報 https://weathernews.jp/s/typhoon/?fm=sw

台風10号最新情報8日(木)11時
00:01:28

ダブル台風の一つである台風10号(クローサ)はこのあとも海面水温の高い領域をゆっくり進むため急速に発達し、11日(日)頃に小笠原諸島に最接近する予想です。今後の進路はどうなっていくのでしょうか。

W台風“いつ”影響? きょうも各地で猛暑日続出(19/08/07)
00:01:24

日本列島は7日も広い範囲で午前中から気温が上がっていて、東京都心でもすでに35度を超えるなど、危険な暑さが続いています。 強い日差しが照り付け、全国的に厳しい暑さになっています。東京都心は午前11時前に早くも35度を超え、2日連続の猛暑日になりました。このほか、大阪や富山などで午前中から猛暑日になっています。予想最高気温はさいたま市や大阪で37度など、東北から九州の広い範囲で35度以上です。熱中症に警戒して下さい。一方、日本の南の海上を2つの台風9号と10号が北上しています。台風9号はこの後、非常に強い勢力に発達し、8日から9日にかけて沖縄の先島諸島付近を通過する見込みです。沖縄では大荒れとなる恐れがあります。また、台風10号は来週半ばにかけて本州の南まで北上するとみられています。お盆休みの天気に影響する恐れがあり、今後の台風情報に注意が必要です。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

台風8号のこれまでの動き(ひまわり8号)
00:00:34

最新台風情報 https://weathernews.jp/s/topics/201908/050125/?fm=tp_index 画像提供:NICT

トリプル台風 8月7日(水)
00:02:58

トリプル台風 8号は韓国上陸、9号は先島接近、10号は? 日本を取り囲む3つの台風はそれぞれ北上を続けています。8号の影響は徐々に少なくなるものの、9号が先島に近づいてきそうです。10号は進路が定まらず、今後の動向に要注意です。

最新台風情報8号、9号、10号(トリプル台風) 8月6日23時更新
00:03:43

3つの台風が発生しています。台風10号は、まだ不確定な部分が大きいものの、関東など本州付近に近づく恐れもあります。日本に近づく場合は、お盆休みの期間中に影響が出てきますので、今後の進路に要注意です。 台風情報 https://weathernews.jp/s/typhoon/?fm=sw

トリプル台風、お盆休みへの影響は?
00:02:19

台風8~10号が発生しています。台風10号は、関東など本州付近に近づく恐れもあります。日本に近づく場合は、お盆休みの期間中に影響が出てきますので、今後の進路に要注意です。 台風情報 https://weathernews.jp/s/typhoon/?fm=sw