2017年4月30日 阪神-中日 ハイライト

ヘルプ

昨日悔しい一敗を喫し今日勝ってこのカード勝ち越したい阪神タイガースは、先発能見が初回の立ち上がりから不安を見せ、安打と四球を許してしまい味方の守備のミスと適時打で2点を先制されてしまいます。何とか追いつきたいタイガースはドラゴンズ先発ジョーダンの立ち上がりに苦しめられますが、3回裏能見と上本が四球で出塁、続く糸井もファースト内野安打を決め二死満塁のチャンスで4番福留が値千金のセンター前2点タイムリーヒットを放ち同点に追いつきます。2回表以降、徐々にピッチングのリズムを取り戻した能見はドラゴンズ打線に追加点を許しません。7回表には岩崎、8回表に桑原が無失点で抑えリリーフ陣の好投に応えたいタイガース打線は、8回裏先頭打者上本が四球を選び出塁、糸井、福留の凡打で3塁まで進塁、続く原口、代打高山も四球で二死満塁と1発勝ち越しのチャンスに北條が振り抜いた打球は1・2塁をゴロで痛烈に破りライト前へ勝ち越し適時打となり、勝ち越しに成功します。最終回、安定の高橋がピシャッと締めてゲームセット!このカード勝ち越しを決めました。

[阪]
能見 - 岩崎 - 桑原 - 高橋
[中]
ジョーダン - 祖父江
(勝)
桑原2勝0敗0S
(S)
高橋0勝0敗1S
(敗)
祖父江1勝1敗0S

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading