樹木希林が語る死生観が胸を打つ 「自分が生きたいように死んでいきたい」 感動実話 芸能秘話

「感動と驚きを運ぶ!空飛ぶトカゲ」では、国内外の感動する実話、泣けるお話、仰天話、旬なニュース、映画の名シーン、スポーツ爽やか話、そしてオモシロ話などもお届けしていきます。宜しければチャンネル登録下さい。http://u111u.info/mCh9

樹木希林が語る死生観が胸を打つ 「自分が生きたいように死んでいきたい」 感動実話 芸能秘話



2016年1月5日の新聞4紙に掲載された女優・樹木希林さんを起用し話題となった宝島社の企業広告『死ぬときぐらい好きにさせてよ』が、第64回「朝日広告賞」グランプリを受賞しました。また今年から新設され、読者投票で決定する「朝日新聞読者賞」も同時受賞。この広告が多くの人たちの心を打つものだったと、改めて感じる結果となりました。




死について考えることで、どう生きるかを考えさせられるこの広告の写真は、ジョン・エヴァレット・ミレイの名作「オフィーリア」がモチーフとなっています。シェークスピアの悲劇「ハムレット」で、恋人のハムレットに自分の父を殺され気がふれてしまったオフィーリアが、川に落ち沈みゆく命の最期の場面を描いたと言われたこの1枚。美しい色彩と穏やかな樹木希林さんの笑顔が印象的です。

また、キャッチコピーの下に書かれているフレーズも、多くの人の心を掴みました。





人は必ず死ぬというのに。
長生きを叶える技術ばかりが進歩して 
なんとまあ死ににくい時代になったことでしょう。
死を疎むことなく、死を焦ることもなく。
ひとつひとつの欲を手放して、身じまいをしていきたいと思うのです。
人は死ねば宇宙の塵芥。せめて美しく輝く塵になりたい。
それが、私の最後の欲なのです。


出典宝島社30段広告 2016年1月5日







<おススメ動画>

渡辺美優紀 NMB48を涙で卒業 山本彩ら1期生に囲まれ「最高のアイドル人生を送れました」感動実話 芸能秘話
https://youtu.be/43JMZ4-SfVg

【感動】スターウォーズのキャラに扮して亡き妻の為に1000kmの旅路を歩き通した男
https://youtu.be/YLsVp2cy8vE

【感動】九死に一生を得た子ネコたちを紹介、猫にまつわる感動のアンビリバボー
https://youtu.be/Fi1di4VIMcY

【感動】自殺の名所東尋坊で500人の命を救った元警官の言葉
https://youtu.be/XYtST461K3M

【空飛ぶトカゲ】チャンネルテーマ
感動
驚き
仰天

芸能
アンビリバボー
深イイ話
恩人
まつわる話

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading