障害が残った時の労災の給付(障害補償給付)

ヘルプ

【便風社労士事務所サイト】http://binpusr.com/kenkyuu/
【(無料メルマガ)会社員なら知っておきたい国の制度】
http://binpusr.com/kenkyuu/merumaga/
【(無料メルマガ)iDeCo(イデコ)メールセミナー】
http://binpusr.com/kenkyuu/mail-seminar0/

ケガや病気が原因で障害が残ってしまった場合に
支給される給付のお話です。

ケガや病気が治癒した後に
一定の障害が残ってしまった場合には、

労災保険の『障害補償給付(障害給付)』

をもらうことができます。

「治癒」とは、完全に治った時とこれ以上治療しても
効果が現れず症状が固定した時の両方を「治癒」として
給付が行われます。

労災保険なので、
仕事中や通勤中のケガや病気に限ります。

残ってしまった障害の症状が、
労災保険に定められた「障害等級」に
該当した場合に支給されることになります。

障害等級は重い症状の1級から14級まであり、
1級から7級までに該当すると給付は年金としてもらえ、
8級から14級までは一時金として1回もらうことができます。

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading