久保建英が森本貴幸のJリーグ最年少出場記録を更新!

ヘルプ

久保建英が森本貴幸のJリーグ最年少出場記録を更新!
2016明治安田生命J3リーグ第28節が5日に行われ、FC東京U-23とAC長野パルセイロが対戦。同試合でFC東京U-23所属のFW久保建英がJリーグ最年少出場記録を更新した。

 長野戦のベンチ入りメンバーに名を連ねた久保は、2点ビハインドで迎えた後半開始からピッチに立ち、Jリーグデビューを達成。川崎フロンターレ所属のFW森本貴幸(当時東京ヴェルディ)が2004年に樹立した15歳10カ月10日の最年少出場記録を15歳5カ月1日に塗り替えた。

 2001年6月4日生まれの久保は2011年からバルセロナの下部組織でプレーしていたが、2015年に同クラブが18歳未満の選手獲得に関する規定違反を犯していたことが発覚。これにより公式戦に出場することができなくなった久保は日本に帰国し、FC東京U-15むさしに加入した。

 その後は中学3年生ながらFC東京U-18に飛び級で昇格を果たすと、8月に行われた第40回日本クラブユースサッカー選手権では5得点を挙げて大会得点王に輝いた。また、U-16日本代表としてAFC U-16選手権に出場し、4得点を記録。FIFA U-17ワールドカップの出場権獲得に貢献した。

 なお、試合は2点を先行した長野がFC東京U-23の反撃を1点に抑え、2-1で勝利を収めた。
引用元
http://news.livedoor.com/article/detail/12242389/

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading