12月30日(火)「NYダウ反落!大納会で来年を占う」

昨日のアメリカ市場では、NYダウ平均株価は小幅ながら8日ぶり反落。ギリシャの政情不安などが嫌気され、株式相場が高値圏で推移しているだけに利益確定売りが広がったようです。
東京市場も昨日は荒い値動き。押し目買いの意欲と高値警戒感のせめぎ合い 続いています。
個別では日本経済新聞でBMW炭素繊維供給が報じられた東レに注目が集まりそうです。同社は4ー12月期の業績好調も報じられています。また、来期の業績好調観測が報じられたポーラHDなどへの反応も注目がされます。大納会の動きから来年の相場をどう占うか。締め括りの1日を日経チャンネルマーケッツで見届けてください。

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading