平成28年 稲荷鬼王神社 大祭 本社神輿立派な渡御です。

ヘルプ

世界中で キューバ人です。《日本のお祭り、神輿 伝統と文化》です。(キューバとジャパン文化交流です)。
「歴史浪漫」
神輿データ: 台座: 二尺(六十二センチ) 
建造年度: 昭和56年 製作者: 不明
特記: 唐破風軒屋根 勾欄造り 
小振りな鬼面神輿を20時ごろ暗闇の中を若衆が迎え宮入

 祭神: 宇賀之魂命

稲荷鬼王神社  '14.09.15.(祝日・敬老の日)  宮出し14:30~宮入20:40
鬼面を着けた若衆に出迎えられる宮神輿の宮入は最大の見せ場で興奮の坩堝となる。
大久保村の氏神であった稲荷神と、熊野から勧請されていた鬼王権現を合祀して、
天保2年(1831)に稲荷鬼王神社と命名された。
全国唯一の鬼の福授けの社として信仰を集め 
「撫で守り」の授与で有名である。 が、
神社の名前から誤解されやすいが「鬼」を祭神としているわけではない。
  東京都新宿区歌舞伎町2-17-5

昭和初期に神社に隣に映画館『大久保館』があり、
この地が新宿の映画文化の草分けの一つであった。
例大祭では毎回昭和時代の映画ポスターを展示する。
歌舞伎町は神社の所在地だが、氏子地域は二丁目のみです。
一丁目は十二社熊野神社。 ただし一丁目1番のみ花園神社の氏子地域。
ややこしいがこれが伝統の歴史。
 祭礼提灯の「両社」との表記は稲荷神社と鬼王神社のことです。
稲荷鬼王神社は社殿扁額にも稲荷鬼王神社と記されているが正式名は稲荷神社であるが、
通称は鬼王神社です。 鬼の王様を崇める唯一の宮なのですが、祭神ではない。

「大久保」の地名の由来は、かつてはこの地に川が流れて相対的に周りより大きな低地
(窪地)であったことから、大久保と呼ばれた。 江戸時代までは農村であった。
明治時代にはつつじの景勝地として知られ、近郊から多くの人が訪れたという。

「歌舞伎町」、明治以降は鴨場(鴨を狩猟)となっていた。
昭和7年(1932)東京市淀橋区に編入され、市街化が進んだ。
東京大空襲で一面焼け野原となったが
復興事業案として歌舞伎の演舞場を建設し芸能施設を集めて、
これを中核として歌舞伎町と名付ける。  

日本と言えば、神輿です!! CUBA & JAPON.。【Copyright License & ALL Rights Reserved】 by Picua de la Puntilla From Ciudad de la Habana Cuba.平成28年の9月19日 月曜日です、日本有りのまま!! 編集無し 其のまま RAW video (生) Sony Full AVCHD (HD) by picua。

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading