ブルームーンが起きる! 2015年注目の天体イベント

ヘルプ

ペルセウス座流星群(8月12日~13日)
三大流星群のひとつで、流星数が多いことで知られています。2015年のペルセウス座流星群は新月に近いので、月明かりの影響を心配することなく流星キャッチが楽しめるでしょう。

中秋の名月(9月27日)
9月27日は旧暦8月15日にあたり、この日の夜に見える月を「中秋の名月」といいます。昔から、1年のうちでもっとも美しい月とされ、お月見をするのが習わしです。ことしは、翌日の午前中にスーパームーンとなるため、名月もスーパー級! 大きな話題となりそうです。

スーパームーン(9月28日)
地球にいちばん近づいた状態で満月になり、月の見かけの大きさが本年最大に。ほかの満月とくらべて、約30パーセントも明るく、約14パーセント大きく見えるといわれています。月が地球にもっとも近づくのは午前10時46分、スーパームーン(満月)になる瞬間は午前11時50分です。

ふたご座流星群(12月14日~15日)

毎年、ほぼ一定して多くの流星が見られる「ふたご座流星群」は、年間最大の流星群といっていいでしょう。ことしは月明かりの心配もなく、ここ数年のうちで観察条件は最良。人工の灯りがない暗い夜空ならば、14日の日没後から15日の夜明けにかけて、ひと晩で500個の流星をかぞえることも夢ではなさそうです。

というわけで、2015年も宇宙を自分に引き寄せて楽しめる機会がいっぱいです! ぜひともカレンダーや手帳にメモしておいてくださいね。

日常生活とは無縁に感じる星や宇宙の世界から、ときめきを感じ、きらきらと輝く人生の掘り出しものを見つけるために、さあ、2015年も空を見あげ、日々の暮らしをより楽しく、心豊かに過ごしましょう。

引用元:http://news.ameba.jp/20150102-334/

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading