花總まり宝塚以来2度目のカルメン役に意欲

ヘルプ

SUBSCRIBE:https://goo.gl/5avhWe
花總まり宝塚以来2度目のカルメン役に意欲
女優の花總まり(44)と俳優の松下優也(27)が14日、都内で行われたミュージカル「『ロマーレ』〜ロマを生き抜いた女 カルメン〜」の制作発表会に出席した。

 19世紀に描かれたメリメ原作の「カルメン」をベースに、カルメンがロマ族として、当時の社会でどのように生き抜いてきたかを描いた物語。
 宝塚時代の1999年以来、2度目のカルメン役となる花總は「いい意味で皆さんの期待を裏切りたいし、期待通りなところもある、カルメン像を作りたい」と語った。

 松下は、カルメンの魅力に翻弄(ほんろう)される男ドン・ホセ役。
 「小説・オペラでは表現されていない部分をより強く描く」のが今作のポイントだが、松下は見どころを聞かれると「そうですね…」と間を置いたうえで「全部です!!」と笑顔でアピールし、取材陣を笑わせた。

 3月23日から4月8日まで東京芸術劇場プレイハウスで、4月11日から同月21日まで梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演される。

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading