【慰安婦問題】ケネディ米国大使も韓国の捏造に気付く

ヘルプ

【慰安婦問題】ケネディ米国大使も韓国の捏造に気付く

次世代の党所属の杉田水脈(すぎたみお)さんが慰安婦問題で考えが変わってきたアメリカのキャロライン・ケネディ駐日大使について述べています。
日韓の慰安婦問題における韓国のロビー活動によって、アメリカでは韓国側の主張がまかり通っており、ケネディ駐日米国大使も日本が悪いと考えていたようですが、来日され、安部首相や菅義偉官房長官などの説明により韓国側の主張が捏造だという事に気付かれたようです。
しっかり説明をすれば韓国の主張がおかしいというのは誰でも解る事です。
韓国政府も解っているだけに、必死でロビー活動を行っているのでしょう。
しかしいくら主張しても、証拠もない出来事、裏付けの取れない証言などただの妄想に過ぎません。
日本のために戦ってくれた方々を、捏造してまで侮辱する韓国を許すわけにはいかないです。
日本側は国際社会に強く真実を主張していくべきです。

ニコニコ超会議より
画像
http://nadesiko-action.org/?p=5923
http://ameblo.jp/rumicommon/entry-11581437182.html
http://blogs.yahoo.co.jp/mitsounob/30198953.html

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading