タウシュベツ川橋梁   SONY DSC-RX100

ヘルプ

旧国鉄士幌線コンクリートアーチ
市街地から糠平、十勝三股の山岳森林地帯を南北に貫く国道273号に並行して所々に見かける、かつての国鉄士幌線で使われたコンクリート造りのアーチ橋。

まるで古代ローマ時代の水道橋を思わせる高架橋は、鉄道橋としての活躍の時代を終え、今は東大雪の開拓の歴史を伝える近代産業遺産として、その姿を見せています。

なかでもタウシュベツ川に架かるタウシュベツ川橋梁(通称めがね橋)は糠平湖の水かさが増える6月頃から湖面に沈み始め、8月頃には湖底に沈みます。水かさが減る1月頃から凍結した湖面に再び姿を現すため、幻の橋といわれています。

この日は道森林管理局十勝西部森林管理署東大雪支署に事前申請し林道のゲート鍵を借りて約4キロの林道を車で通行しました。

昨年テレビでこのタウシュベツ橋が崩壊してしまうのではないか?という話を聞き一度行きたいと思っていました。
できれば冬にもう一度行ってみたいものです。

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading