菅野美穂、綾瀬はるか、吉高由里子に続く! ブレイク中の"不思議ちゃん女優"次期エース・高梨臨ってどんな人?

ヘルプ

菅野美穂、綾瀬はるか、吉高由里子に続く! ブレイク中の"不思議ちゃん女優"次期エース・高梨臨ってどんな人?
マイナビニュース 6月14日(日)12時30分配信

菅野美穂、綾瀬はるか、吉高由里子に続く! ブレイク中の
女優の高梨臨
業界関係者の中で、「次代の主演女優」「ポスト綾瀬はるか」と言われている女優がいる。昨年朝ドラ『花子とアン』の醍醐亜矢子役で一躍全国区となり、今年もドラマ『まっしろ』『Dr.倫太郎』に連続出演している高梨臨だ。

黒髪ロングの息をのむような正統派美人でありながら、どこかゆるい雰囲気を併せ持ち、近寄りがたさは一切感じない。やわらかい笑顔と、バラエティ番組で見せる不思議ちゃんキャラは、綾瀬はるかのそれと比べてもそん色ないのではないか。

ここではそんな高梨臨の歩みを振り返りながら、魅力を掘り下げていきたい。

○男受けキャラから連ドラ常連へ

2005年のデビューは意外にもグループアイドルだったが、すぐに解散してしまう。私が初めて高梨のことを見たのは、2年後の2007年。JTBの所属タレントとして起用された旅行ポスターでの姿だった。

本格的な女優デビューは、同年7月のドラマ『探偵学園Q』。行方不明になった美人女子高生役を演じ、4~5話のミステリーをけん引した。翌2008年にはドラマ『ROOKIES』に女子高生役でレギュラー出演したほか、映画『GOTH』でヒロインに抜てきされ、死体に惹かれる少女という難役にトライ。さらに2009年、『侍戦隊シンケンジャー』で優しさあふれる女侍・シンケンピンクを演じた。2010年のドラマ『宇宙犬作戦』で演じた怪力アンドロイド役がセクシー衣装だったことを踏まえても、このころは男性受けする役柄が多かった。

風向きが変わりはじめたのは、2012年のドラマ『パパドル!』で錦戸亮との熱愛をねつ造する売名女優を演じたころから。同年、世界の巨匠・キアロスタミ監督の映画『ライク・サムワン・イン・ラブ』では主演として"カンヌ行き"も経験する。そして女優としての知名度を一気に上げたのは2013年のドラマ『カラマーゾフの兄弟』だった。主人公の市原隼人を袖にして、遊び人の兄を演じた斎藤工と同棲し、捨てられるヒロインを熱演。今をときめく吉田鋼太郎や滝藤賢一とともに、この作品を経由して連ドラの常連になっていった。

○脇役と映画経験の地道なステップ

そして、記憶に新しい2014年のブレイクへ。バイオレンス作『KILLEES』、辻仁成のヒューマン作『醒めながら見る夢』の両映画でヒロインを務めつつ、朝ドラ『花子とアン』に出演。お嬢様からたくましく成長する姿を長きにわたって演じ、トレードマークのリボンも含め、主人公の花子に次ぐ人気者となった。

今年の出演ドラマ『まっしろ』『Dr.倫太郎』でも"主人公の横"という絶好のポジションをつかんでいる高梨。主演俳優の近くで着実に実力を蓄え、認知度を上げていることが分かる。

かつて80・90年代はこのような形でステップを踏んで、主演女優の座をつかみ取っていくパターンが一般的だった。しかし、最近はデビュー間もないころから"主演女優"として育てられるケースの方が多い。

その意味で、脇役や映画出演で地道に努力を重ねた高梨の好感度は高く、視聴者も受け入れやすいだろう。もし今、人気枠の連ドラ主演に抜擢されたとしても、「ゴリ押し」とは言われないはずだ。

また、高梨はさまざまなジャンルの作品と役柄を経験してきただけに、制作側もオファーを出しやすい存在と言える。それだけに高梨サイドとしては、さらに経験を重ねつつ、主演女優に向けた準備を整えているところなのではないか。

引用:yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150614-00000022-mycomj-ent

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading