宅建統計2012 宅建みやざき塾 統計の攻略!

ヘルプ

☆統計最新版は、8月頃に公開を予定しています♪どうぞお楽しみに(^^)/☆

宅建法改正 2012 宅建みやざき塾 統計の攻略! 覚えやすいゴロ合わせも公開中♪
一緒にがんばって、絶対に合格しましょう(*^^)v

平成24年度宅建試験受験対策 統計資料(重要ポイント抜粋版)

多くの受験生の方にとって、宅建試験受験対策として少し厄介なのが『統計問題』の対策です。
今年の試験で出題可能性が極めて高い知識を紹介させていただきますので、ぜひ合格にお役立てください♪

◎平成24年地価公示(平成24年3月公表)
平成23年の1年間の地価は,リーマンショック後における4年連続の下落となったが,下落率は縮小傾向を示した。
平成23年の1年間の地価変動率は、全国平均で住宅地がマイナス2.3%、商業地がマイナス3.1%となっており、住宅地、商業地ともに下落率が縮小した。

◎住宅着工統計(国土交通省、平成24年1月公表)
平成23年の新設住宅着工戸数は約83万戸となっており、前年比2.6%増、2年連続の増加となった。
利用関係別戸数でみると,持家(0.1%増)・分譲住宅(16.2%増)は,2年連続の増加に対して,貸家(4.1%減)は,3年連続の減少となっている。

◎平成22年度法人企業統計年報(財務省、平成23年10月公表)
平成22年度における不動産業の売上高は約36兆6000億円となっており、対前年度比10.6%『減』となった。4年ぶりの減少。
平成22年度における不動産業の経常利益は約3兆3,200億円となっており、対前年度比7.5%『増』となった。2年連続の増加。

◎国土交通白書(国土交通省、平成24年7月公表)
平成23年3月末現在の宅地建物取引業者数は約12万6千となっており,5年連続で減少している。

◎土地取引件数(売買による所有権の移転登記の件数) (土地白書、平成24年6月公表)
全国、大都市圏、地方圏ともここ数年減少が続いており、平成23年の全国の土地取引件数は113.6万件(前年比1.6%減)となった。


みやざきの宅建ブログ 『宅建合格らくらくナビ』
宅建みやざき 統計2012
http://blog.goo.ne.jp/miyazakisensei-takken/e/0fb6f58aaefe38e674628e2512bbe562

☆わかりやすくて、スッキリ整理!☆
☆最高の教材を使って、今年の試験に、絶対合格しましょう!☆
宅建みやざき塾(DVDなど)
http://takken-miyazakijuku.com/index.html

制作協力:second-card

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading