アレルギー医療革命は本当に効果があるのか!? NHK取材班 本レビュー

ヘルプ

アレルギー医療革命は本当に効果があるのか!?
NHK取材班 本レビュー

花粉症も食物アレルギーも本当に治せる時代に
なったのか!

今回はこの事について
少しお話したいと思います。

ブログで読みたい場合はここをクリック
http://k2toppi.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

結論を先に申し上げます。

「一度発症した花粉症は治らない」
「アレルギーになりたくないなら、アレルゲンをとにかく排除する」
「アレルギー予防のために、離乳食はゆっくり進める」
「卵などのアレルギー食品は赤ちゃんに食べさせないのがベター」
「妊娠中、授乳中の母親の食事が子どもをアレルギーにする」……。

これらはすべて、間違いでした!

とは、一概に言えないと思います。

たださすがにNHKと言いますか、
ヨーロッパ、北米、そして日本の最新の研究成果を
丹念に取材しています。

その点から、この本に書かれている情報は
アレルギー性疾患に対する
一つの最新情報として
受け止める方がよろしいかと思います。

個人的には
第1章 アレルギー患者のいないコミュニティーを追って が
非常に興味深かったです。

アレルギーの人がほとんどいないという
アーミッシュの調査は
大変興味深い内容です。

アーミッシュは200年以上前
先祖がヨーロッパ、主にドイツから米国へ移住した人々のことで
宗教的な戒律をもった集団の方々ですね。

現代でもとても質素な生活を徹底して守り続けているわけですが
アーミッシュは写真撮影をされることをとても嫌うため
彼らのその暮らしぶりはあまり紹介されてこなかった。

アーミッシュは基本的に自給自足の生活です。

牧畜がとても盛んで
幼い頃から
そうした家畜の面倒をみる習慣があるそうです。

調査してみると
アーミッシュは都会で暮らす人に比べ
花粉症は20分の1
アトピー性皮膚炎はなんと10分の1と
極端に少ないことが分かったわけです。

そこでドイツで家畜との接触が多い農家を訪ねて
改めて血液を調べたそうです。

すると血液の中の制御性T細胞(Tレグ)が
35%も多いことが分かったというわけです。

家畜と触れ合うと
アレルギーが少なくなるのは
制御性T細胞(Tレグ)が増えるからだと
この調査をしたムティウス博士は結論づけたわけです。

続きはビデオの本編でどうぞ!

ブログで読みたい場合はここをクリック
http://k2toppi.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

今後も制御性T細胞(Tレグ)の役割が
ますます解明されてくると思います。

そのことをこれからも期待したいと思います。

私の妻もアレルギー性鼻炎を患っています。

私もスギ花粉症です。

私はもう読みましたので
早速、妻にもこの本を読ませたいと
思っています。

最後に...

いくら生まれた間もなくから保湿をしても
肝心かなめの栄養のバランスが悪ければ
腸の環境も悪くなってしまいます。

それだけでも子供が
アレルギー体質になる可能性が
高まってしまいます。

そうならないようにするためにも
日頃からの食生活や
睡眠時間などの生活習慣が
大事になってきます。

今勉強している健康法が
あります。

ブログで紹介しています。

ぜひお越しください。

NHKの取材班の方々にも
ぜひ教えたい健康法です。

NHKの取材班の方々にぜひ教えたいX-power健康法はこちら!
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/opt/#ujiDDl

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading