働くことができない時の労災保険(休業補償給付)

ヘルプ

【便風社労士事務所】http://binpusr.com/kenkyuu/
社会保険(年金・医療・雇用)などで知っておくと
おトクなお金に関する情報を提供しています。

前回、働くことができずに会社に行けない日が
4日以上になると健康保険の所得保障である
「傷病手当金」がもらえるお話をいたしました。

仕事をしていない時やその通勤以外の時に
生じた病気やケガが対象になるとご紹介しました。

では、仕事をしている時や通勤時に病気やケガになって
4日以上働けない場合はどうなるのか?

その場合は、労災保険をつかうことができます。

「労災保険の休業補償給付」
もし、病気やけがで働くことができなくなり
給料がもらえない場合の労災保険の所得保障を
「休業補償給付(休業給付)」と言います。

仕事中だと休業補償給付、通勤中だと休業給付と
「補償」の字がつかなくなります。
給付の内容はほぼ一緒です。

労災保険の給付なので、
会社員の方などがつかうことができます。
契約社員でもパートでもアルバイトでも
働き方は関係なくつかうことができます。

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading