米長期金利上昇で新興国通貨下落 世界経済への影響懸念

アメリカで長期金利の上昇傾向が続く中、外国為替市場では、新興国の通貨を売って、より高い利回りが見込めるようになったドルを買う動きが強まっています。これに伴って、新興国では通貨が下落してインフレが進むなど景気が冷え込むおそれが出ていて、今後、世界経済の混乱要因とならないか懸念されています。
———————————————————————————————————
- #ニュース , #jptodayテレビジョン , #jptoday
- 著作権やコミュニティのガイドラインに混乱があった場合、これは単なる間違いです。 Gmail経由で私に連絡してください: Ghost.hotsai@gmail.com
- YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCMOe2agj6jSkoLpBC_jLKHg?view_as=subscriber

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading