2013パプアニューギニア -セピック川 クロコダイルマンの豊穣の祈り-

ヘルプ

Papua New Guinea, Sepik River, crocodile man.
石器時代や食人風習、黒魔術、など様々な噂があるパプアニューギニア。そこは800余族がひしめき1万年前の人類の姿を思い起こさせる The World until Yesterday。
セピック川はパプアニューギニア北側にある川で、1900年代初めに欧米の学者が民俗研究で数多く入る。この踊りは豊穣の祈りのシンシンでバナナの木で作られたボートで太鼓をたたく。踊っているのは、クロコダイルマンと呼ばれ、成人式でワニのように皮膚に刺青をしている。
クスクスの毛のかつらをつけ、豚のあごの骨をペンダントにしている。
そして、見ている観光は私一人だけ、ほか村の人々50人ほどが周りで見物している。
↓世界の秘境、少数民族、日本人の起源の写真・記事はこちら
http://tabibitomk.wixsite.com/traveller/papua-new-guinea

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading