1軍デビュー”19歳”チョン・ウヨン、3度目の挑戦で「通用した」=独メディア (11/30)

ヘルプ

1軍デビュー”19歳”チョン・ウヨン、3度目の挑戦で「通用した」=独メディア

記事のURLはこちら→ http://www.wowkorea.jp/news/korea/2018/1130/10225037.html

バイエルン・ミュンヘン所属のチョン・ウヨン(19)に対し、ドイツメディアが熱い関心を寄せている。

 ドイツメディア「TZ」は30日(日本時間)、「チョン・ウヨンが3度目の挑戦の末、バイエルン・ミュンヘンの1軍デビューを飾った」とし、チョン・ウヨンの紹介を詳細に伝えた。

 チョン・ウヨンは去る28日におこなわれた2018-2019シーズンヨーロッパサッカー連盟(UEFA)チャンピオンズリーグ(UCL)組別リーグE組5次戦・SLベンフィカ(ポルトガル)との試合に途中出場。1軍の舞台に公式デビューした。

 後半36分、ピッチに入ったチョン・ウヨンは約10分間プレー。わずか10分という短い時間だったが、ドイツ名門チームのミュンヘン、そしてヨーロッパ最高舞台という点で注目を浴びた。

 「TZ」は19歳チョン・ウヨンのデビューが、3回目のチャンスで巡ってきた結果と報道。また、チョン・ウヨンがドイツの学校に通いドイツ語も流ちょうに話すと紹介し、ミュンヘンとは来る2022年まで契約していると強調した。

 同メディアは、「ミュンヘンが70万ユーロ(約9000万円)を投資したチョン・ウヨンに厚い信頼を寄せている」とし、「主に2軍の試合でプレーしているが、ことし夏以降、ニコ・コヴァチ監督率いる1軍にも頻繁に呼ばれている」と伝えた。

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading