【映画予告編】太陽 (2015) - 神木隆之介,門脇麦,古川雄輝

ヘルプ

チャンネル登録:https://goo.gl/HUQ98w
公式FACEBOOK:https://goo.gl/BDEXjW
公式TWITTER:https://goo.gl/Gm9BH6

【映画予告編】太陽 (2015)
ジャンル:邦画,ドラマ,SF

 前川知大が主宰する劇団イキウメの同名舞台劇を「SR サイタマノラッパー」「ジョーカー・ゲーム」の入江悠監督が映画化した近未来SFドラマ。バイオテロで人口が激減した近未来の日本を舞台に、進化した新人類と抑圧される旧人類が共存する社会で繰り広げられる若者たちの葛藤と青春模様を綴る。主演は「バクマン。」の神木隆之介と「愛の渦」の門脇麦。
 21世紀初頭の日本。バイオテロによる謎のウイルスの拡散で世界の人口は激減し、生き残った人類はウイルスの感染を克服した新人類と旧人類に2分した。新人類は“ノクス”と呼ばれ、心身共に進化し高度な社会を構築するが、太陽の下では生きられないという弱点を抱えていた。一方、“キュリオ”と呼ばれる旧人類は、太陽の下で自由に生きられるものの、ノクスに管理され、貧しい生活を強いられていた。20歳までの若者にはノクスへの転換手術を受けられるチャンスがあったが、ある時、キュリオの暮らす村でノクスが惨殺される事件が起こり、その村では厳しい経済封鎖を受けるとともに、転換のチャンスも奪われてしまう。それから10年、キュリオの青年・奥寺鉄彦は、村での鬱屈した生活にやり場のない怒りを抱える日々。その幼なじみの生田結は、かつて母親が自分と父を捨ててノクスに転換したことでノクスへの憎しみを募らせていた。そんな中、10年ぶりに経済封鎖が解かれ、ノクスへの転換手術の募集も再開される。ノクスに憧れる鉄彦はすぐさま応募し、期待に胸を膨らませるのだったが…。

監督:入江悠
原作:劇団イキウメ
キャスト:神木隆之介,門脇麦,古川雄輝
(C)2015「太陽」製作委員会

TSUTAYA公式チャンネルは映画館で上映中の作品やDVD・ブルーレイのレンタル・販売時の予告編の他、映画のおすすめ情報や監督・俳優の特集動画など、さまざまなコンテンツをお届けしていきます。
iPhoneやAndroidのアプリ、スマートフォン、フィーチャーホンなどさまざまな端末からもTSUTAYAの情報を利用できます。
TwitterやFacebook、Google+などのソーシャルメディアでも情報を発信していますので、話題の情報をチェックしてみてください。
洋画、邦画、アニメ、海外TVドラマ、邦画TVドラマ、韓国TVドラマなど、あなたの人生を変えるような素敵な作品が、きっとTSUTAYAで見つかります!

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading