信長・秀吉・家康に仕えた戦国武将・茶人の古田織部

ヘルプ

信長・秀吉・家康に仕えた戦国武将・茶人の古田織部
醸界通信社  http://goo.gl/Qjyyna

京都・洛北、鷹峯一帯は平安時代から栗栖野と呼ばれ、400年前には本阿弥光悦が移り住み京都の芸術・文化の拠点となった地だ。光悦をはじめ光悦家の人々の墓がある光悦寺、伏見落城の血天井が有名な源光庵、名妓吉野太夫が眠る常照寺などの名刹、秋の紅葉などで有名な観光スポットだが、2014年4月、「古田織部美術館」が開館、洛北の新しいカルチャースポットとして人気を集めている。
 古田織部は戦国武将・大名として信長、秀吉、家康の天下人3人に仕え、千利休亡き後、「天下一」の茶人として時代の脚光を浴びた。
 その名は「織部焼」として知られているが、その活動は茶法・茶会の指導、茶道具の鑑定・監修など多岐にわたり、特に、美濃・唐津・備前・信楽・伊賀・高取・上野(あがの)・薩摩・丹波さらには朝鮮の陶工も指導し、好みの陶器を焼かせた。

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading