『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』カール=ヨハン・エリーン 三橋美穂 レビュー

今回は『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』は
本当に効果がるのか!?

詳細なレビューはこちら!
http://k2toppi.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

このことについて
レビューしたいと思います。

結論を先の言いますと
従来の寝かしつけの本で無いことは事実です。

ただ快眠セラピストの三橋美穂さんが
日本語版の監訳者という事実で
評価が分かれるかもしれません。

三橋さんの著書に
『驚くほど眠りの質がよくなる睡眠メソッド100』
『脳が若返る快眠の技術』等々があります。

雑誌等を含めて
かなり多数の本を出されています。

マスメディアにも出演していますので
知っている人も多いかと思います。

その三橋さんが監訳者ということで
好き嫌いがあるかもしれません。

幼児や子供への誘導催眠の本なのか、とか
自律神経法の押し付けの本なのか、とか
実際にそうした批評や評価もあるようです。

この本の背景ですが
スウェーデンの行動科学者カール=ヨハン・エリーンが
2011年に自費出版した本です。

この本が2014年、本人自ら英訳した本が
インターネットで流通させたところ
イギリスのアマゾンで売上ナンバー1になりました。

その後、アメリカ、フランス、スペイン
イタリア、日本などを含めまして
世界40カ国などでも翻訳販売されるそうです。

この本には
大きく二つのテクニックがあります。

一つ目は眠りに導くアファメーション効果です。

同じ表現を何回も繰返し読み聞かせることで
だんだんと眠りに導くことができるという効果です。

二つ目は自律訓練法のノウハウが
使われています。

手足や指先が温かくなる、とか
だんだん眠たくなってくるよ、とか
自立訓練のノウハウも散りばめられています。

このあたりが
監訳者の三橋さんが
かなり気を付けた構成になっています。

実際にこの本を子供に読み聞かせた
友人に聞いてみたところ
次のようなアドバイスをもらいました。

『 4歳半の娘に読み聞かせながら寝たところ
20分程度で本当に寝てしまいました。

効果はあると思います。

親も一緒に寝るつもりで読んで
子供の体を触りながら読むと
安心感が伝わり眠くなるようです。

子供だけ無理に寝かせつけようとすると
駄目でした。

親の睡眠も大事ですね。』

あなたはどうのように感じられるでしょうか。

ぜひこの本を一度手にとって
読んでみることをお薦めします。

あなたもこの本をきっかけに
生活パターンの見直してみて下さい

この本はおそらく良いきっかけに
なるかと思います。

もっと詳細なレビューはこちら!
http://k2toppi.blog.fc2.com/blog-entry-21.html

...

この本を読んで
とても気になったことがあります。

それは、眠れないロジャーは
ちゃんとバランスの良い食生活を
送っているのか?ということです。

そのあたりは
かなり怪しい感じがしますが
あなたはいかがでしょう?

眠れないロジャーにも教えたいX-健康法!
https://www.naturalsuccess.jp/xpower/opt/#ujiDDl

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading