日本国有鉄道(現在、JRグループ)スト権スト/1975年

ヘルプ

スト権スト(ストけんスト)とは、なんらかの理由でストライキ行為を法令により禁止されている労働者が、ストライキを行う権利を求めて(禁止を不当とする立場から見れば、権利を「奪還」しようとして)行うストライキである。

日本で単にスト権ストと言った場合、公共企業体等労働組合協議会(公労協)が行った日本国有鉄道(国鉄)のストライキ、特に1975年末のものを指すことが多い。

公共企業体(いわゆる三公社五現業)の職員は、公共企業体等労働関係法(昭和23年法律第257号、略称「公労法」)によってストライキが禁止された。

1975年、国鉄の労働組合

総評系 
国鉄労働組合 1947年.6月結成 組合員数 239,000名
動力車労働組合 1951年.5月結成 組合員数 47,000名


同盟系 
鉄道労働組合 1969年.10月結成 組合員数 73,000名


新産別系 
全国鉄施設労働組合 1971年.4月結成 組合員数 6,000名


共産党系 
全国鉄動力者労働組合連合会 1974年.3月結成 組合員数 3,000名


その他   
国鉄職員組合 1963年.5月結成 組合員数 70名
国鉄労働協議会 1969年.11月結成 組合員数 6名

非組合員 
推定非組合員 50,000名
組合未加盟  10,000名


私たちは好んでストライキをしようとするものではないが、政府・当局者が大多数の低所得者の意思を無視するかぎり、自らの生活を守るため、もはや憲法に保障されたストライキ権をもって闘う以外に道はない

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading