男が死んで行くときに。安藤昇 /渋谷のやくざ安藤組組長 yakuza

ヘルプ

「男が死んで行くときに」  
作詞:阿久悠 / 歌:安藤昇

お世話下さいました皆さん

どうやら今日明日で尽きるようです

最後の最後までお見捨てにならず

お叱りくださいましたことを感謝致します

お言葉通り馬鹿でした

それが今身に染みます

遅すぎるとお笑いになりませんように

せめてそれに気づいたことを誉めてやってください

敷島の大和男の行く道は紅き着物か白き着物か


俺だけは死んで行く時にお袋のことを

思い出すまいと思っていたがやっぱり浮かんでくる

あんた俺の何なんだよ

顔さえ見りゃあ泣いていたな

だがもう泣くなよおふくろ

涙の種が消えていくんだ

あんたの涙のタネが消えていくんだよ


敷島の大和男の行く道は紅き着物か白き着物か

女か

顔も忘れた名前も忘れた

道端の石ころのように拾っては捨てた女達

俺が死んで泣く奴千人笑う奴千人

知らぬ素振りが千人か

それでいいんだ

まとめてあばよを言わしてもらうぜ


敷島の大和男の行く道は紅き着物か白き着物か


寒くなってきました

そして暗くなってきました

お別れです

The song by which Japan is intense and thrills


Big fan of Japanese movie firm and Toei. The channel which deals with a samurai movie and a yakuza movie mainly.

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading