ライトバン

ヘルプ

ライトバン, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=65726 / CC BY SA 3.0

#ライトバン
#貨物自動車のボディスタイル
ライトバン

ライトバンは自動車の分類上の呼称である。

自動車におけるバンの成り立ちは、トラックの荷台部分を貨物室とした「有蓋商用車」であり、同様の車体形状をもつが乗用車を元にして誕生したステーションワゴンとは誕生の経緯そのものが異なる。よって両者は外観的には類似の形状をもっているが、自動車としての本質は全く異なるものであり、本質からすればむしろコンテナトラックに近いと云える。

日本での「ライトバン」という呼称は、ライトトラックやライトバスなどと同様、それぞれの車型の中では比較的小型で、積載量の少ないものを指す英語に由来する。日本の自動車が小型車中心であることからこの呼称が定着していたが、近年ではカタログ表記も単に「バン」とされることが多い。荷室に窓のないものをやブラインドバンと呼び、区別することもある。

日本では貨物自動車の一種で、2ボックス、1.5ボックス、ワンボックスのいずれかの車体形状を持ち、後席を折り畳んで荷物室を拡大することができるか、もしくは後席を備えていない物を指す。後席を備える車両の場合、前席後端より後方のスペースの内、荷物室が過半を占めることと規定されている。 また、以前は荷室側面窓(リアクウォーターウインドウ)を荷物から保護することが法律で義務付けられており、荷室窓には保護棒が取り付けられていた(現在この規定は廃止)。また、急制動時に重量物の移動から乗員を守る保護機能(座席背面の鉄板や保護棒など)も必要である。この規定により、日本国内からウォークスルーバンが廃止された。

軽自動車規格を超える登録車の場合、車検は新車の初回のみ2年後でその後は1年ごと、小型車(全長4.7m×全幅1.7m×全高2.0m、ガソリン車において総排気量2000cc、ディーゼルは排気量制限なし。)枠内(いわゆる5ナンバーサイズ)の車両は4ナンバー、どれか1要素でも超える車は1ナンバー(普通貨物自動車)と規定されている。以前の小型車はホイールベースの上限も定められており、1958年(昭和33年)までは2,500mm、それ以降は2,750mmであった。

車両価格(初期費用)と維持費を抑えるため、トランスミッション(変速機)はマニュアルが多かったが、オートマチック限定免許の普及もあり、乗用車のマニュアル比率が極端に減った現在では、パワートレーンをそれらと共用する都合でオートマチックの比率が高まっており、ついに2014年のプロボックス/サクシードのマイナーチェンジで2BOX新車からMT車が消滅してしまった。

アメリカ英語では と呼ばれる。以前のライトバンとは、この車型を指した。専用の2ドアボディーが標準であったが、2代目トヨタ・スタウトのように、左側のみにリアドアを持つ1+2ドアもあった。後に乗用車派生、もしくは乗用車のコンポーネントを流用したモデルの増加に伴い4ドアが標準となる。

車高が低く、前部にボンネット、後部にラゲッジスペースを持つ形状で、「ボンネットバン(ボンバン)」や「エステートバン」とも呼ばれる。ステーションワゴンタイプ(従来からライトバンと呼ばれている車型)が主であるが、軽自動車にはハッチバックタイプも存在する。以前は登録車の一部にもハッチバックタイプが存在したが、軽自動車と比較して自動車税や車検(新車時初回2年、以降毎年)の面で不利になる事もあり、日本では現在、生産されていない(スズキ・カルタスバン/いすゞ・ジェミネット、ホンダ・シティプロ、ダイハツ・シャレードバン、トヨタ・スターレットバンなど)。エステートバンも同様の問題で軽ワンボックスバンへの置き換えが進んでいる傾向がある。

このタイプの最大積載量は、軽自動車で200kg、登録車で350 - 500kg程度であり、貨物車では最大積載量が最も少ないものの、ワンボックスタイプと比較して乗員の疲労度が比較的少ないこと、車高が低いのでタワーパーキングに入庫できることなどメリットも存在するため、タワーパーキングの多い大都市部で社用車として使用されることが多い。架装などに伴う改造によって8ナンバーなどを取得した車両と、ガソリンエンジンで排気量が2.0Lを超えるものを除き、すべての車種が4ナンバー(小型貨物自動車)である。

小型の欧州車に古くから見られる、大衆車の前半と大きな荷箱とをつなぎ合わせた形状のバン。

フルゴネット(Fourgonnette)とは、フランス語で小型貨物車(小型トラック)を総称するカミオネット()のうち有蓋車を指すものであり、実質は大衆車派生の小...

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading