【JBCクラシック】アウォーディー完勝!! G1初挑戦でV決めた!

ヘルプ

ダート無傷の6連勝でJBCクラシックを制したアウォーディー.

地方競馬の祭典、JBC競走は11月3日、

川崎競馬場の昼間開催でG1レース3競走が行われ

11RのJBCクラシック(ダート2100メートル、14頭立て)は、

武豊騎手騎乗の2番人気、

アウォーディー(牡6歳、栗東・松永幹夫厩舎)が

直線で競り勝って優勝。

実績馬を倒して、ダート転向後6戦6勝とし、

初挑戦のG1で勝利を挙げた。

武豊騎手はJBCクラシック8勝目。


引用記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00000140-sph-horse




 2着は先行して粘ったG1・10勝馬、ホッコータルマエ(幸英明騎乗)、3着は外から末脚を伸ばした昨年の2着馬、サウンドトゥルー(大野拓弥騎乗)。1番人気に推されたコパノリッキー(田辺裕信騎乗)は直線で力尽きて5着に終わった。

 

武豊騎手「すごく状態がいいと感じたので、細かく考えすぎずにシンプルに乗ろうと思っていた。前の馬も強いので、あまり離されないようにと思っていたが、乗りやすい馬で、道中もうまく運べた。素質を感じていたし、この馬でG1をと思っていたので、それが達成できたのがうれしい。(自分は)JRAのG1も勝てるように頑張ります」

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading