913動労千葉ストライキ 運転士の乗務行路緩和ー高齢者対策実施!DL業務労働条件確立!

ヘルプ

動労千葉は、本線運転士のあまりにも酷い労働条件に対して、DL業務の労働条件確立!本線運転士の乗務行路緩和ー高齢者対策の実施を求めて、9月13日以降、千葉運輸区工臨488行路を対象にした指名ストライキに立ち上がった。9月12日の動労千葉総決起集会が開催

行路緩和ー本線運転士の高齢者対策が絶対に必要だ!
 現在、本線運転士が乗務する行路は、労働者の限界を超える状況になっている。とくに、泊行路の乙部分はダイ改の度に長時間拘束になっており、12時を過ぎる行路が各区で増えている。
この間でも「オーバーラン続発」「眠気」「勘違い」(8/3千葉日報)と報じられた。最大の原因は、JRによる労働強化の強制だ。人間で言えば一番眠い時間に起きて乗務しているにもかかわらず、睡眠時間もまともに与えず、長時間の本線乗務を強制した結果「オーバーラン」という形で現れているのだ。しかしこれに対してJR千葉支社は、「睡眠時間は確保している」「安全上問題はない」などとふざけたことを言っている。これ以上、本線運転士の現状を放置したら重大事故につながる。乗務行路緩和!本線運転士の高齢者対策が絶対に必要だ。
 本線運転士の労働条件で言えば、DL業務の労働条件は最低だ。真夏に冷房もない中で、40度を超える運転台で乗務している状況だ。JRは、「DLに冷房を付けるのは困難」「冷房を付けると1000万円かかる」として全く対策を行おうともしない。こんな労働条件で働かせることなど絶対にできない。

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading