全溶支部ストライキ

ヘルプ

2015年7月10日
=7/10 東部労組全溶支部が24時間ストライキと抗議アピール行動を貫徹!=

JRや私鉄各社のレール溶接を手がける株式会社全溶(本社:東京都練馬区)の労働者でつくる全国一般東京東部労組全溶支部42人は、会社側の組合要求に対する不誠実なゼロ回答に抗議するため、7月10日午前6時から同11日午前6時までの24時間ストライキを貫徹しました。7月10日午前11時からは全溶本社前でストライキ抗議アピール行動を支援者を含めて約80人で実施しました。

全溶支部は7月8日夜に団体交渉を行い、過去に赤字脱却の名目で一方的に削られた手当や人員の復活、また会社の黒字化に協力してきた見返りと生活を守るためのボーナス増額などを要求しましたが、いずれもゼロ回答に終始する会社側に怒りが爆発。そのまま本社所属の組合員32人が初めてのストライキに突入し、夜間作業を放棄しました。7月10日は第2波として24時間ストライキを実施。東京レールセンター所属の10人も合流して総勢42人の組合員が一糸乱れぬ団結でストライキを貫徹しました。

7月10日に実施した抗議アピール行動では、本社前にストライキ決行中の組合員が結集し、東部労組各支部や他労組の仲間とともに「手当カットを許さないぞ!」「生活できるボーナスを払え!」などとシュプレヒコールを繰り返しました。本社横の駐車場には作業用トラックが止まったままで、まざまざとストライキの威力を示しました。本社前には会社役員らが居並び、行動の妨害を試みましたが、組合員の抗議の声ではねかえしました。

1人ずつマイクを握った全溶支部の組合員は「夜昼夜昼の連続勤務で社長が寝ている間も寝ずに働いている私たちの生活を少しは考えるべきだ」「夜間作業の人員を減らされたことは作業の安全に影響が出ている。事故が起きたときどう責任を取るのか」「勝手に手当を削られて家のローンを抱えながら家族の生活もめちゃくちゃにされた」「何も過大な要求はしていない。もとにあった労働条件に戻してほしいと求めているだけだ」など切実で真剣な声が続きました。

支援の仲間からは地元・練馬全労協の三澤議長と東京全労協の中原副議長のアピールを受けました。組合側は要請書を社長に手渡そうとしましたが、会社代理人の芳賀淳弁護士(芳賀淳法律事務所)が割って入り妨害しました。組合員らは「沼田社長を出せ!」のシュプレヒコール。それでも社長は姿を現さない、社長に取り次がないという卑怯な態度だったため、全溶支部の中田委員長が要請書を読み上げて芳賀弁護士に手渡しました。アピール行動は同支部の丸田副委員長による団結ガンバローで締めくくりました。

全溶の経営者はきちんと労働者と向き合って切実な声を聞くべきです!雨の日も風の日も、暑い日も寒い日も、睡眠時間を削って努力してきた現場の作業員の要求に応えるべきです!労働者の安全を第一に考えて人員をもとに戻すべきです!東部労組全溶支部は労働者の生活と権利を守るため、今後もストライキをはじめ、あらゆる手段で徹底的に闘っていく決意です!仲間の皆さん、引き続き東部労組全溶支部へのご支援をよろしくお願いします!

<抗議先>
株式会社全溶
代表取締役社長 沼田 昌雄
〒178-0063 東京都練馬区東大泉2-11-6
電話 03-3922-1991
FAX 03-3922-1980

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading