2016 マスターズ最終日 マキロイ 練習風景

ヘルプ

◇海外メジャー第1戦◇マスターズ 最終日◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7435ヤード(パー72)

3打差を追って5位から出たダニー・ウィレット(イングランド)が5バーディ、ノーボギーの「67」でプレーし、逆転でメジャー初優勝を飾った。イングランド勢としてニック・ファルド(1989、90、96年優勝)以来、2人目のマスターズ制覇を成し遂げた。

最終組の4組前でプレーし前半で2打伸ばし2アンダーとすると、13番からの連続バーディで首位に。大混戦のサンデーバックナインを制した。

連覇を狙って首位から出たジョーダン・スピースは「73」と崩れ、通算2アンダー2位で終えた。12番(パー3)で池に2度入れて7打を要するなどし、逆転を許した。リー・ウェストウッド(イングランド)が並んだ。

通算1アンダーの4位でダスティン・ジョンソン、J.B.ホームズ、ポール・ケーシーが続いた。

日本男子初のメジャー制覇を狙った松山英樹は4バーディ、3ボギー1ダブルボギー「73」で、通算イーブンパーの7位で終えた。

キャリアグランドスラムのかかったロリー・マキロイ(北アイルランド)と、世界ランキング1位のジェイソン・デイ(オーストラリア)は通算1オーバーの10位で終えた。

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading