井上喜久子、10代にしか見えない?スターシャ風ドレスで登場!劇場版アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」初日舞台あいさつ(1)

ヘルプ

★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

劇場版アニメ「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」(加戸誉夫監督)の初日舞台あいさつが10月11日、東京都内で行われ、沖田十三艦長役の菅生隆之さん、スターシャ役の井上喜久子さん、構成を担当した森田繁さん、加戸監督が出席。井上さんは「いろんなシーンで感動しました。(見どころは)やっぱりスターシャの映像の美しさが……長生きしてよかった」としみじみと語ると、菅生さんは「戦うヤマトを見てほしい。艦長、だいぶ活躍しているみたいなので楽しみにしていただきたい」とアピールした。

映画は、テレビシリーズ第1作放送から今年で40年を迎えることを記念して行われる「40周年プロジェクト」の一環で、テレビシリーズ「宇宙戦艦ヤマト2199」の特別総集編として新規カットなどを加え、惑星「イスカンダル」への旅路を新たな視点で振り返っている。

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading