【サッカー】大迫勇也 怪我で担架搬送 岡崎慎司に交代 日本 対 UAE戦 2018 FIFAワールドカップロシア アジア地区最終予選 W杯 ハイライト 2017年3月24日

ヘルプ

2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選グループB第6戦が23日に各地で行われた。

 日本代表は、敵地でUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦した。開始14分に久保裕也(ヘント)のA代表初ゴールで先制すると、51分に2年ぶり代表復帰の今野泰幸(ガンバ大阪)が追加点を挙げ、2-0で快勝。ホームで敗戦を喫していた因縁の相手にリベンジを達成した。



 オーストラリア代表は敵地でイラク代表と引き分けに終わった。40分に左CKでFWマシュー・レッキーがヘディングシュートを叩き込み先制。だが、76分に左サイドからのクロスをMFアフメド・ヤシンに合わされ同点となり、1-1で終了した。オーストラリアは4試合連続のドローとなった。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170324/sck/00m/050/007000c#csidxa41526f15c2b4dbb7688aa3d5e64eb6
Copyright 毎日新聞

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading