次期主力輸送機「C2」公開 圧倒的な航続距離と輸送力

ヘルプ

航空自衛隊は15日、開発中の次期主力輸送機「C-2」を、岐阜基地(岐阜県各務原市)で公開した。圧倒的な航続距離と輸送力が強みで、空自幹部は「南西諸島の防衛力強化や海外派遣任務への迅速対応に貢献できる」と期待を寄せる。
航続距離は現行の「C-1」輸送機の約1700キロ(2.6トン搭載時)に対し、C-2は約6500キロ(12トン搭載時)。東は米ハワイまで、西はインドまでダイレクトで到達できる。平成28年度中に開発を完了し、部隊配備する計画。30年度までに10機、将来的に30機程度を導入する。

引用元: Youtube
Youtube動画

タイムコメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading

動画コメント

コメントの投稿にはログインが必要です。
Loading