iTunes映画 : ボヤージュ・オブ・タイム (字幕/吹替)

アーティスト : テレンス・マリック
タイトル : ボヤージュ・オブ・タイム (字幕/吹替)

『ボヤージュ・オブ・タイム』本予告
00:01:31

偉才テレンス・マリック監督 40年の集大成にして、最高傑作! 本能で<生命>を体感。未踏の映画体験。 3月 TOHOシネマズ シャンテ 他 全国順次ロードショー

ボヤージュ・オブ・タイム(字幕版)
01:30:23

寡作にして、発表する作品は常に高い評価を受け、カンヌ国際映画祭では『天国の日々』(78)で監督賞を、『ツリー・オブ・ライフ』(11)でパルムドールを、さらにベルリン国際映画祭では『シン・レッド・ライン』(98)で金熊賞を受賞し、度々アカデミー賞にもノミネートされ世間を賑わしてきた偉才テレンス・マリック監督が、40年のライフワークを集大成して世に送り出す渾身作。描かれるのは、地球の誕生――そして、生命の歩み。映画人たちをも魅了する、かつてない90分の映画体験をあなたに――。(C)2016 Voyage of Time UG (haftungsbeschränkt). All Rights Reserved.

サウスバウンド(字幕版)
00:03:01

ある荒野の街道で起こる様々な怪異の連鎖を描く連作オムニバス・ホラー。謎の怪物、カルト教団、殺人鬼、狂人一家これら別々の恐怖がやがて一つの物語につながっていく。(C)2015 Willowbrook regent Films LLC

クリストファー・ノーラン監督最新作/映画『ダンケルク』特別映像
00:02:13

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7 『ダークナイト』トリロジー、『インセプション』、『インターステラー』と、新作が発表される度に世界中を圧倒し続けてきたクリストファー・ノーラン監督の最新作。 2017年9月公開

ナタリー・ポートマン『聖杯たちの騎士』特別インタビュー
00:02:32

『聖杯たちの騎士』ナタリー・ポートマンがテレンス・マリック監督とクリスチャン・ベイルの魅力を語る特別インタビュー映像! STORY 気鋭の脚本家リック(クリスチャン・ベイル)は、ハリウッド映画の脚本依頼を請けたことをきっかけにセレブリティな生活へ溺れていくが、心の奥底にある怯えや虚無感を拭いきれず、進むべき道を探して彷徨う日々を送っていた。そんな彼の前に現れる6人の美しい女たち。リックは彼女たちとの愛の記憶の中で、自分の過去と向き合いはじめるー。 『聖杯たちの騎士』本予告映像 youtu.be 脚本・監督:テレンス・マリック 撮影監督:エマニュエル・ルベツキ 出演:クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマン、イモージェン・プーツ(『Vフォー・ヴェンデッタ』)、』フリーダ・ピント(『スラムドッグ・ミリオネア』)』、テリーサ・パーマー(『ウォーム・ボディーズ』)、イザベル・ルーカス(『トランス フォーマー/リベンジ』) 提供: 日活、東京テアトル ©2014 Dogwood Pictures, LLC 2014 /アメリカ/カラー/118分 配給:東

『 ニュー・ワールド 』予告
00:01:22

イギリスの冒険家ジョン・スミスとネイティブ・アメリカンの少女ポカホンタスの実話をもとにしたラブストーリー。監督は『シン・レッド・ライン』の巨匠テレンス・マリック。冒険家スミスを『アレキサンダー』のコリン・ファレルが、ポカホンタスを15歳の新人女優クオリアンカ・キルヒャーがふんし熱演する。アメリカの神話とも言うべき壮大なラブストーリーの行方と、マリック監督らしい映像美に注目だ。 無料で見る(吹替)→ http://bit.ly/2D1WuRZ R-20はこちら→ http://bit.ly/2CV1c0F 製作年度     2005年 上映時間     135分 製作国      アメリカ ジャンル     ドラマ ロマンス アドベンチャー 監督       テレンス・マリック 製作総指揮    トビー・エメリッヒトリッシュ・ホフマンビル・メカニックロルフ・ミットウェッグマーク・オーデスキー 脚本       テレンス・マリック 音楽       ジェームズ・ホーナー

映画『デッド・フレンド・リクエスト』予告編
00:02:03

トモダチ100人、皆殺し 呪いの連鎖が迫りくる、戦慄のソーシャル・ネットワーク・ホラー (c) 2015 Wiedemann & Berg Film GmbH & Co. KG / SevenPictures Film GmbH / TOPFILM 120 (PTY) LTD.

海部剛史、雨蘭咲木子ら出演!映画『熊野からロマネスク』予告編
00:01:11

熊野をテーマにした『熊野から』を基に、フィクションとして生まれ変わった続編。新宮、吉野、熊野、難波、三輪、二上山などを舞台に、田中千世子が製作、脚本、監督を担当し作り上げた。田中監督とは『能楽師 伝承』から3度目のタッグとなる海部剛史が主演を務める。共演には、『熊野から』にも出演した雨蘭咲木子をはじめ、鈴木弥生、小野ケント、丹野穂乃香らが名を連ねた。 作品情報:http://www.cinematoday.jp/movie/T0021648 配給・製作: 田中千世子事務所 公式サイト:http://www.kumanokara.com (C) 遠崎智宏・「熊野からロマネスク」

エヴォリューション - 映画予告編
00:00:54

映画『エコール』のルシール・アザリロヴィック監督が10年の歳月をかけて完成させた異色作。スペイン・カナリア諸島のランサローテ島で撮影した映像美で織り成す、少年のイマジネーションと成長の物語 ©LES FILMS DU WORSO • NOODLES PRODUCTION • VOLCANO FILMS • EVO FILMS A.I.E. • SCOPE PICTURES • LEFT FIELD VENTURES / DEPOT LEGAL 2015 作品情報(Article) https://goo.gl/KKh7WB https://www.cinemaniera.com/movie/videos/29569 映画『エヴォリューション』(アップリンク 配給)は2016年11月26日[土]より渋谷アップリンク、新宿シネマカリテほか全国順次公開 ======== ■2016年注目映画の動画まとめました↓ https://www.youtube.com/playlist?list=PLdF132PZTfxRvmABCBeaZ5G2Un0XZptZG ■チャンネル登録よろしくお願いします

オオカミカッコいい!映画『ワイルド わたしの中の獣』本編映像
00:00:54

1匹のオオカミに魅せられ心を通わせるうちに、秘めた欲望が覚醒していく女性の姿を描き、サンダンス映画祭などで話題を呼んだ衝撃作。オオカミを愛し野生化していくヒロインを、『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』などのリリト・シュタンゲンベルクが体当たりで演じる。共演は、『ファウスト』などのゲオルク・フリードリヒ、『さよなら、アドルフ』などのザスキア・ローゼンダールら。『トンネル』などで女優としても活躍するニコレッテ・クレビッツがメガホンを取る。 作品情報:http://www.cinematoday.jp/movie/T0021503 配給: ファインフィルムズ オフィシャルサイトhttp://www.finefilms.co.jp/wild/ (C) 2014 Heimatfilm GmbH + Co KG

映画『ニュースの真相』“ケイト・ブランシェット迫真の独白シーン”本編映像
00:02:26

映画『ニュースの真相』は2016年8月5日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開! 脚本・監督:ジェイムズ・ヴァンダービルト 出演:ケイト・ブランシェット、ロバート・レッドフォード、エリザベス・モス、トファー・グレイス、デニス・クエイド、ステイシー・キーチ 配給:キノフィルムズ © 2015 FEA Productions, Ltd. All Rights Reserved.

『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』特報
00:00:31

『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』/2018年2月公開 公式サイト:http://sst-mars.jp/ KADOKAWA 配給 (C)2017 Sony Pictures Worldwide Acquisitions Inc., All Rights Reserved.

ウディ・アレン最新作『カフェ・ソサエティ』予告編
00:01:29

今宵も夢のひとときを 黄金時代のハリウッドへようこそ! ウディ・アレンが紡ぐ、ビタースウィートでゴージャスな 大人のおとぎ話『カフェ・ソサエティ』 <STORY> ─────────────────────────── ハリウッドに酔いしれて、ニューヨークに恋をする!  もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。 漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビーがハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。 映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィルのもとで働 き始めたボビーは、彼の秘書ヴォニーの美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。実はヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに……。 監督&脚本:ウディ・アレン『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』 出演:ジェシー・アイゼンバーグ『ローマでアモーレ』、クリステン・スチュワ

『この世界の片隅に』予告
00:01:37

昭和20年広島・呉を生きる女性・すずの日々が、色鮮やかに動き出す! 『この世界の片隅に』 <ストーリー> どこにでもある 毎日の くらし。昭和20年、広島・呉。 わたしは ここで 生きている。 すずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。昭和19(1944)年、20キロ離れた町・呉に嫁ぎ18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。 だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。 すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。そして、昭和20(1945)年の夏がやってきた――。 ◆声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外 ◆監督・脚本:片渕須直 ◆原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊) 企画:丸山正雄 監督補・画面構成:浦谷千恵 キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 音楽:コトリンゴ プロデューサー:真木太郎 製作統

『ファウンド』映画オリジナル予告編
00:01:57

製作費8千ドルながら全世界で42受賞/50ノミネートの快挙! 世界が絶賛した、悲しく激しい衝撃作。 11歳の少年マーティ。学校ではいじめられ、両親も不仲。そんな彼の楽しみは、家族の秘密をのぞき見すること。お母さんの秘密は、ベッドの下に隠されたラブレター。お父さんの秘密は、車庫の奥のヌード雑誌。だからお兄ちゃんが、クローゼットに生首を隠していても変じゃない。時々変わる生首を、人知れず取り出しては眺めるマーティ。しかしある晩、いつものようにクローゼットを探るとそこには同級生の首が…。僕が秘密を知っていること、お兄ちゃんが気付いたかもしれない…。 2017年1月10日(火)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか順次公開! © Forbidden Films, LLC All Rights Reserved. ★映画をきっかけに、  女の子の毎日をドキドキワクワクさせる★ ~https://cinemagene.com/~

映画「アサシン クリード」予告H
00:00:32

"映画「アサシン クリード」公式アカウント。歴史の迷宮に潜り込め。 神によって禁じられた秘宝“エデンの果実”今、一人のアサシン(暗殺者)がルネサンス期スペインの歴史の闇に隠された謎にダイブする!【2017年3.3(金)3D/2D 全国ロードショー】 ▼公式Facebookページ https://www.facebook.com/AssassinsCreedMovieJP/ ▼公式Twitter https://twitter.com/foxjpmovie ▼公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/assassinscreed/ ▼20世紀フォックス映画公式Youtubeチャンネル https://www.youtube.com/user/20thFOXjp"

「アラビアのロレンス」【感想】主演ピーター・ オトゥールの死去について映画評論家町山智浩が語る
00:08:14

2013年12月14日に死去したピーター・オトゥール主演映画「アラビアのロレンス」について映画評論家町山智浩が語る。 マイケル・ファスベンダーは映画「プロメテウス」ではピーター・オトゥールを真似しているなどの裏話も公開。 「TBS RADIO たまむすび」より

『ミス・シェパードをお手本に』 2017年4月26日(水) DVDリリース/ 同日レンタル開始
00:01:49

「ハリー・ポッター」シリーズの名女優マギー・スミスが贈る英国式シアワセ生活。 ユーモアたっぷり、ちょっぴり切ない人生の“宝物”がつまった感動作!! ■誇り高き淑女を取り巻くアンビリーバーブルなトゥルー・ストーリー! ■“英国の至宝”マギー・スミス主演!冒頭からラストまで小粋な演出満載! ■ミス・シェパードをお手本にした“人生の宝物=感動” を貴方に! 【ストーリー】ロンドンのカムデン。ミス・シェパード(M・スミス)は路上に停めたオンボロの黄色い車で自由気ままに暮らす誇り高き淑女だ。ある日、違法駐車で退去を命じられ困っていた彼女に、劇作家アラン・ベネット(A・ジェニングス)は、親切心から自宅の駐車スペースを提供する― それから15年。彼女はなおもそこに居座っていた。自由奔放な彼女にベネットは振り回され、それでも奇妙な“共同生活”は終わることはなかった。ベネットは彼女の心の闇を理解しようとする。そして、ミス・シェパードの波乱の人生を知ることとなる・・・。 【スタッフ】監督:ニコラス・ハイトナー/脚本:アラン・ベネット/製作総指揮:クリスティーン・ランガン、エド・ウェザレッド、チャールズ