番組

SeungRi - V.V.I.P, 승리 - 브이 브이 아이 피, Music Core 20110205
00:03:29

공식홈페이지 http://www.imbc.com/broad/tv/ent/musiccore/index.html 방송시간 SAT, 16:15 SeungRi - V.V.I.P, Show! Music Core(쇼! 음악중심), EP245, 2011/02/05, MBC TV, Republic of Korea

深夜食堂 第四話 ポテトサラダ
00:25:11

マスター(小林薫)が最初に作るのは、ポテトサラダとマカロニサラダ。近頃来るようになった男(風間トオル)がいつも注文するのもポテトサラダだった。店で食事をしていた若者・田中(田中聡元)は、男が伝説のカリスマAV男優・エレクト大木だと知り、弟子入りを志願。困惑する大木だったが、田中の一途さに押し切られる形で師弟の関係に。そんなある夜、デビューを明日に控えた田中のもとに1本の電話が・・・。 (C)2009安倍夜郎・小学館/「深夜食堂」製作委員会

剣を求めて
00:24:11

海ではしゃぐ旭姫たちのもとに、一隻の船が。陽翔たちは、海底に刺さる“折れない剣”の噂をきいて、船長アルビダの操る船に乗り、海の難所に向かうことに。その海底にあったのは、陽翔のかつての相棒、プレアデス(七星剣)だったが、剣を抜こうとした瞬間、巨大な蛇型モンスター・エーギルが現れる。一方、現実では、貴法が陽翔と咲月を呼び出し、旭姫の謎について調査した結果を共有する。(C)田尾典丈・小学館/「七星のスバル」製作委員会

渦巻く陰謀
00:24:11

陽翔に「旭姫を守る資格はない」と言い、貴法は天理のセンスで、モノクロの世界に陽翔と自身を隔離する。リユニオンで旭姫とともに生きていこうとする貴法と、旭姫の願いでもある“スバルの復活”を主張する陽翔が衝突するが、寸前のところで咲月が介入して事なきを得る。陽翔たちはスバルのメンバーだったクライヴを探すが、旭姫を強引に奪取しようと2つの超位ギルドと組んだ貴法が再び現れる…。(C)田尾典丈・小学館/「七星のスバル」製作委員会

獅龍、共闘
00:24:11

超位ギルド“サザンクロス”と“ブリルソサエティ”の策略にはまり、旭姫を奪取された貴法。陽翔は、一人で数千もの敵に立ち向かい、旭姫を助けに行くが、さすがに多勢に無勢。そこに咲月と貴法が援護する。ようやく旭姫のもとにたどり着いた3人だったが、そこには旭姫の精神を支配下に置き、旭姫のプロフェアータの力を我が物にするアンゲルスがいた…。(C)田尾典丈・小学館/「七星のスバル」製作委員会

未来の選択
00:24:11

心電図の単調な音が響く中、静かに目を開いた陽翔。そこには、旭姫が立っていた。「驚くのも無理ないよね。6年間も眠ってたんだもん。」旭姫に続いて、咲月、貴法も見舞いの品を手に、笑顔で陽翔を囲んでいる。旭姫たちは、陽翔がプルガトリオから希を庇って、ゲームオーバーになったと説明する…。納得いかない陽翔は、リユニオンについて尋ねるが、皆ユニオンはもう運営されていないと言う。そこにエリシアがやってきて…。(C)田尾典丈・小学館/「七星のスバル」製作委員会

巡り合う星々
00:24:11

ユニオンでスバルメンバーの能力を込めたプレアデス(七星剣)を再び手にした陽翔たち。エリシアから協力を頼まれたというクライヴは、「エリシアは、旭姫の覚醒を狙っているグノーシスを阻止するため、スバルのメンバー全員が覚醒する必要がある、と言っていた」という。そんな中、現実世界では、陽翔と咲月が希と再会する。希にもリユニオンにログインするように頼む陽翔たちだったが、6年経った希は…。(C)田尾典丈・小学館/「七星のスバル」製作委員会

消えた少女キショウジョ
00:24:11

陽翔に振られた咲月は、気まずそうな陽翔に「別に幼馴染までやめたわけじゃないんだから」と、少し気持ちの整理がついたようだった。そんな二人を貴法は呼び出す。現実で、希が突然失踪したというのだ。クライヴの協力も得て、希がリユニオンにログインしていることを知り、陽翔たちは希がいるらしい場所に向かう。しかし、そこにいたのは、貴法と咲月のダンスを目撃して傷つき、グノーシスに取り込まれた希だった。(C)田尾典丈・小学館/「七星のスバル」製作委員会

要人警護!罪と罰の結末
00:45:36

特捜班は、大学で航空宇宙工学を専攻する有馬丈博教授(小市慢太郎)の身辺警護を命じられる。 しかし有馬に関する詳しい情報は与えられず、分かっているのはすぐにでも命を狙われるような危機的状況にあり、一週間後に出国するということだけ。 同じ頃、大学の構内には護衛のついた有馬を険しい表情で見つめる石黒(近藤公園)の姿があった。 翌朝、有馬とともに大学へ到着した稲見(小栗旬)は、研究室付近で何やら不穏な空気を感じる。すると、樫井(野間口徹)が研究室内に爆弾が仕掛けられていると察知。注意を促すが、有馬はそれを無視して部屋のドアを開けてしまう。その瞬間、激しい爆音とともに研究室は破壊されてしまう。 現場近くのエレベーターホールでは、拳銃を手に待ち構える石黒の姿が。その裏をかいて、なんとか建物の外に脱出した3人が向かった駐車場には、もう一人の暗殺者・石立(浜田学)が潜んでいた。

最強の敵!特捜班、崩壊
00:45:26

「あなたの力でこの国を変えてみませんか」と教会で謎の男に声をかけられた田丸(西島秀俊)。林(眞島秀和)の一件で国家への信頼が薄れかけていた田丸は、心を揺さぶられる。 一方、稲見(小栗旬)は自衛隊時代に仲の良かった結城雅(金子ノブアキ)が二週間前に突然姿を消し、捜査対象になっていると聞かされる。鍛治(長塚京三)から、結城が現れたらすぐに連絡するよう命じられる稲見。 その日の夜、結城が稲見の前に姿を現す。久々の再会を喜び互いの近況を話し合う2人だったが、「俺はゆがみきった世界を正すつもりだ」という結城の言葉に、稲見は何らかの理由でテロを計画していると察知。翌日、特捜班は正式に結城逮捕の任務を与えられ、稲見をオトリにした作戦を実行する。 一方、内閣総理大臣の岸部正臣(竜雷太)は、アメリカに留学している息子の大介が帰国したがっていると聞き、渋い表情を浮かべていた。

第03話
00:43:54

デリシャス・フードはフランチャイズ権をオーナーに売る一方で、将来買い戻すという“裏契約”を交わし、資金繰りをしていた。“含み損”が百億円以上に上ると知った樫村(仲村トオル)は驚愕する。社長の大友(本田博太郎)は憤り、社長を辞任すると言い出す。誰が次の社長をやるのか…?緊急取締役会で山本(大谷亮平)は前触れもなく突然、樫村に社長就任を依頼する。困った樫村は妻や子供たちに相談するが…。

第02話
00:44:03

7億円、耳を揃えて返せ――突然会社を訪ねてきた男の言葉に、樫村(仲村トオル)は耳を疑った。だが、岸野(勝村政信)ら幹部社員は「問題ありません」と言い張る。そんな中、樫村は十和子フード社長の十和子(水野美紀)から飲食業のレクチャーを受ける。十和子は、樫村が以前、道でぶつかった謎の美女だった!十和子はフランチャイズ展開の危険性を指摘する。宮内(椎名桔平)からも同じ話を聞いた樫村は…。

第04話
00:44:03

「金を返せ!」フランチャイズのオーナー10人ほどが会社に押しかけ、フランチャイズ権の買い戻しを要求してきた。樫村(仲村トオル)は何とかなだめようとするが、オーナーたちの怒りは収まらない。ファンド社長の山本(大谷亮平)からはリストラを求められる。樫村は早急に資金調達する必要性を感じ、十和子フード社長の十和子(水野美紀)と食事し、経営支援を依頼する。その日は息子の誕生日だったが…。

第01話
00:56:57

樫村(仲村トオル)は銀行員として順調な人生を送ってきたが、勤務先が吸収合併されて、運命が一転。主要ポストは合併先に奪われ、カード会社に左遷される。やりがいのない日々に嫌気がさして転職を決めるが、転職先が買収されて無職になってしまう。困り切っている中ファンド社長の山本(大谷亮平)から飲食フランチャイズ企業「デリシャス・フード」のCFO(最高財務責任者)として経営を立て直してほしいと言われるが…。

第05話
00:44:02

社員のモチベーションを大切にし、赤字店の整理を先延ばす樫村(仲村トオル)のやり方について、宮内(椎名桔平)は「甘い」と非難する。さらに、新聞記者から業績悪化について、問いただされる。そんな中、株価が下がり、倒産を恐れたフランチャイズのオーナーたちが会社に押しかける。その一人、龍ヶ崎(大鷹明良)は金を返してもらうために、会社の銀行口座を差し押さえると言い出して…。

第06話
00:44:03

樫村(仲村トオル)は財務部長・岸野(勝村政信)の計らいで、デリシャス・フード創業者の結城(池田成志)と初対面する。巨額の含み損を出した張本人を前に、樫村は憤りを隠せない。そんな樫村に、結城は経営再建に向けたある提案をするが…。一方、十和子フード社長の十和子(水野美紀)は、資金提供と引き換えに経営権が欲しいと言い出すが、ファンド社長の山本(大谷亮平)は反発する。

第07話
00:43:52

「お前、騙されてないか?」宮内(椎名桔平)から十和子(水野美紀)を操っているのは、創業者の結城(池田成志)だと言われ、樫村(仲村トオル)は驚愕する。一方、宮内と大友(本田博太郎)は伊坂商事の支援を受けて、会社を分割して売却するよう迫る。命運を託す先は、十和子フードか、伊坂商事か。樫村は誰を信じてよいのか分からず、いつもの占い師(ミッキー・カーチス)を訪ねると…。

第08話
00:43:48

デリシャス・フードは「含み損百億円以上倒産の危機」とニュースでスクープされ、株価が大きく下落する。窮地の樫村(仲村トオル)は経営支援を要請していた十和子フードに、筆頭株主の山本(大谷亮平)の株を売ろうとするが、山本は伊坂商事常務・小沢(竜雷太)と密かに会っていた。そして、伊坂商事はデリシャス・フードへの資本提供を取りやめると言い出して…。

FTISLAND - Bad Woman, 에프티아일랜드 - 나쁜 여자야, Music Core 20090228
00:03:37

Did you enjoy this video? Plz click "like"! For more awesome videos, subscribe our channels!! Daily update available! ☞ Watch more clips of FTISLAND!! http://www.youtube.com/playlist?list=PLWDz_A_ER635L9MIVillcTzwHe1wXpbNT 공식홈페이지 http://www.imbc.com/broad/tv/ent/musiccore/index.html 방송시간 SAT, 16:15 FTISLAND - Bad Woman, Show! MusicCore(쇼! 음악중심), EP155, 2009/02/28, MBC TV, South Korea

第12話 人質射殺7.PM
00:46:17

黒岩達はあるタレコミを受けて、出所したばかりの男を尾行していた。男の名は大塚(河原崎)。5年もの懲役を課せられた稀代の悪党という。その大塚は黒岩らの監視の中、現金輸送車を襲撃。まんまと強奪に成功する。出所した足での犯行という前代未聞の事件に、城西署は全力で捜査にあたる。逃走ルートを絞り込んだ黒岩は、大塚ら犯行グループが一般家庭に潜伏したと見抜き、張り込みを開始。人質の安全確保のため、徳吉を押し売りに変装させて一味の下へ送り込む。作戦は成功。押し売りとして捕われた徳吉から情報を得た黒岩は、人質救出作戦を練る。 (C)石原プロモーション

第248話 癒しの森のアリバイ
00:24:33

ペンションオーナーの村上紫郎と弟の立柴金次とともに癒しの森にあるペンションにやってきた、コナン、蘭、小五郎。村上と立柴が夕食用の山菜採りから戻ると、2人の父であり村長である村上竜蔵が自宅で殺害されたとの知らせが届く。村長宅からペンションまでは1時間の距離があり、兄弟2人に犯行は不可能に思えたが…。 (C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

瑪莎與熊 - 不知名的動物腳印 (第4集)
00:07:18

森林裡下起了大雪,瑪莎獨自一個人堆著雪球滾呀滾的滾了好大一個 雪球到了熊熊家把正在睡夢中的熊熊嚇了好大一跳,熊熊一氣之下也滾了一個大雪球準備反擊小瑪莎,這時候小瑪莎突然看到了動物的小腳印,於是問了熊熊這是什麼動物的腳印呀? 熊熊一時興起決定教小瑪莎辨認動物的腳印,但是瑪莎卻故意鬧著熊熊,亂學動物腳印,但 最 後的結果卻讓熊熊大吃一驚.... 歡迎來到”瑪莎與熊”官方頻道 Facebook: https://www.facebook.com/Taiwan.MashaBear Web: http://mashabear.com/ Instagram: https://www.instagram.com/mashaandthebear/ 結合溫馨幽默的劇情,跟著瑪莎與她的好朋友熊熊展開一段生活冒險故事。在瑪莎與熊熊的互動中,可以了解到孩子們如何面對未知的大人世界,以及大人們再面對孩子們的天真單純時如何應對。瑪莎-一個能量無敵、充滿好奇心的小女孩,凡是她接觸到的每個事物都一定要打破砂鍋問到底,她對每個朋友的友善態度總是讓人又驚又喜,因為她的好奇心與創造力,讓森林裡的生活充滿著意想不到的歡

バレンタインの夜会
00:23:54

バレンタインデー。人気ミステリー作家『相笠くりす』の朗読会に招かれ、吉田山荘・真古館に赴く清貴と葵。そこにはくりすの友人や担当編集者、カメラマン、私立探偵が揃っていた。──あの日、私は殺されました。くりすの妹の香奈が放つ言葉に驚愕する一同。「とんだバレンタインになりましたね」(C)望月麻衣・秋月壱葉/DEF STUDIOS (C)「京都寺町三条のホームズ」製作委員会

#12 『ともだち』
00:13:33

前日に準備してきた晩御飯を振る舞うあおいとここな。そのおいしさにひなたも少し喜んでくれた様子で、あおいは胸をなでおろす。翌日、早朝から金峰山へアタックを開始するが、ひなたの様子がおかしい。すると、ひなたにあるトラブルが発生し、心配になったあおいはひなたに寄り添うのだった。(C)しろ/アース・スター エンタ―テイメント/『ヤマノススメ サードシーズン』製作委員会